仙台ラーメン最強伝説

二杯目のおかわり

北闘馬(青森県弘前市)

2009年07月03日 | 青森県

081227224145東北のラーメンベスト10」の青森担当として出演していた坂本佳子アナ(青森朝日放送)がその後「ひるまにあん」に出ないなぁ、と愚痴を書いた途端に、今週7/4放映分に出演決定との事でやぁ楽しみです。先週6/27放映「福島デカ盛りグルメ」(3人前ラーメンを15分完食は凄かった…)の坂本洋子アナ(KFB福島放送)と二人「W坂本アナ」で地域限定ブレイクの予感!?


とのっけから脱線してますが(^^; 今TV局のweb見てたら青森福島も定期的な「ラーメンコーナー」TV放映があるんですね羨ましい。宮城はなんも無い…。


さて青森絡みで、今回は弘前の「めん屋 北闘馬(きたとうま)」です。味噌系に「魚介豚骨味噌」「美白胡麻味噌」「白湯豚骨味噌」の3種のスープを用意する本格派。麺も3種あり全て無添加自家製麺。様々なカスタマイズが可能です。


そして「煮干し、焼き干し系」醤油・塩も結構評判が良いので今回は醤油で「支那チャーシュ」ー780円(写真上)を注文です。醤油ダレは程よい強め。やや甘めの和ダシがやんわりと効いてきて、その後煮干しと節の風味のぎゅっとつまった旨味が広がります。何かを焦がした様な香りが感じられて、これはチャーシューのものかと思ったのですが、もしかしたら焼干しのものかもしれません。


津軽の醤油ラーメンの特徴かもしれませんが、油量が少なめなので旨みの輪郭がはっきりしていて、素朴で誤魔化しの無い美味さが感じられます。麺は白い縮れの「まるうちちぢれ細麺」を選択。強いコシがあるタイプではなく昔の屋台のようなしなやかさがあり、風味はあくまでもプレーンでスープの邪魔をしない印象です。


連れは「魚介豚骨味噌」系から「みそ味玉コーン」780円(写真下)を注文。麺は限定60食/日の「手打ちぢれ平麺」を選択。たっぷりコーンに味玉が丸々一個ぼろっと豪快に入ってますね。


スープを一口頂きましたが、白濁豚骨ベースに、ニンニクと生姜がたっぷりきいた濃い目の味わいです。味噌ダレは辛みそというよりキムチに近いもので、やや砂糖のような甘さに魚介、野菜のダシがドッサリ効いていて、さながらラーメンという名の鍋モノを頂いているみたいです。身体も気持ちもホンワカ暖まるような、津軽の味噌ラーメンの魅力ってやっぱコレですよね(^^


食したのは真冬の夜22時頃だったのですが、さっきまで普通に食べてたカップル客が揉め始めて、背広姿の男性がトイレで倒れ込んで嘔吐しながら号泣し、それをカジュアルな洋服のお連れ様が介抱し、店員さんが救急車呼ぼうか?と聞いている光景を見てしまいました。地元の連れが言うには「あれは不倫」で津軽では「よくある光景」だらしいんですが、そうなの?(^^;


081227224050 (08/12/27)
めん屋 北闘馬/青森県弘前市大字宮川3丁目17-2

ジャンル:
ラーメン
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 桃源花 富谷店 | トップ | 銀華飯店(青森県弘前市) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL