仙台ラーメン最強伝説

二杯目のおかわり

味噌三礎

2015年09月21日 | 仙台市若林区

今年7月末を持って閉店されました泉の老舗ケーキ屋さん「グランドゥ ソレーユ」(クリックで過去記事へ)ですが

跡地が某元衆議院議員さんの選挙事務所になってましたわ。

微妙~(笑)

お店が閉まる前に買っといたジャーマンはまだ何個か冷蔵庫に保存してあります。何かメデタイ日に解凍して食べようと思ってます(^^

この光景も今や昔ですね(写真右→)

 

 

さてラーメンの話に

今回は河原町近く若林エリアに有ります「仙臺らーめん味噌三礎(みそみそ)」から

こちら「麺酒房にとく」跡地に「らーめん ど味噌」として今年3月OPEN。その後(おそらく東京の某人気店と名前が被るという事で)4月に現在の「仙臺らーめん味噌三礎(みそみそ)」へ改名リニューアルされた新店。

味噌ラーメン専門店という事で様々な味噌スープのバリエーションがありますね。

 

まろやか濃厚白味噌」860円(写真上)

こちらがラーメンチケット3対象メニューという事で有り難くワンコイン500円で頂きます。

早速のスープですがベースは鶏メインで鶏油もふんだんに浮かびます。白濁な豚ガラも少しブレンドして油量強めな動物系に、負けない分量の鰹節主体の魚介系もしっかりと効かせてあって旨味が濃厚です。

味噌ダレは適量で味噌にしては塩気が控えめ。突出しない程度に香味野菜を効かせてあっていわゆるニンニクラーメンにはしない出汁の旨味を遮らない丁度良いバランス感が絶妙。

トッピングされている揚げ玉はエシャレットを揚げたものだらしい。

農林水産省/「エシャレット」と「エシャロット」との違いは何ですか。

揚げ玉は小麦のあられのような味に唐辛子の香りを乗せて揚げたような味わい。オレンジ色で揚げたネギのようなものも見えますがこれがエシャレットとやらか。

辛さはピリ辛程度ですが油で冷めにくいスープなので汗が滴り落ちます。

白味噌のスープと言うことでもっとあっさりまろやかな系を想像してましたが良い意味で期待を裏切られました。全くあっさりしていなくて実に良い塩梅です。

麺は加水率高めなモニモニ食感の中華麺で強い縮れがスープとがっちり絡みます。麺もレベルが高い。
(15/08/26食)

 

こちらは過去食の未アップ分から。

まろやか濃厚白味噌」860円

こちらもラーメンチケット3利用でワンコイン500円です。有り難い。浮いたお金で大盛140円も付けちゃいましょう。

味噌専門店と言うことでホロホロのチャーシューも醤油ではなく味噌で煮込んで作成されたもの。

スープとの親和性も高く違和感なく頂けます。

太切りメンマが妙にジューシーで食感も極上。何だろう?こんなにメンマを美味しいと思ったのは久しぶり。何か製法に秘密があるのかな?

麺は大盛りで体感220グラムくらい?スープのレベルが高いので大盛はもっと量多くても良いのかな、って言うのは贅沢か。
(15/08/02食)

 

新店名にまつわるハプニングも有りましたが勿論スープの質には影響の無い上質な一杯。様々な味噌スープのバージョンがあり黒も気になります。

「麺茶房 桃千」→「麺酒房にとく」→「ど味噌」→「仙臺らーめん味噌三礎(みそみそ)」と目まぐるしく変わってきたこのエリアでしたがようやく定着出来そうな予感ですね。

(15/08/26)
仙臺らーめん味噌三礎/仙台市若林区若林1-4-50

ジャンル:
ラーメン
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 横横家 仙台店(2) | トップ | 福の家 仙台店(2) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL