仙台ラーメン最強伝説

二杯目のおかわり

龍華亭(新潟県三条市)

2017年03月03日 | 新潟県

前回の続き)”愛の字”を求めて上越市をしばし彷徨いましたが年末休業の壁に阻まれてあっさりと断念。

時期が悪かったか。でもこの時期しか長期休みとれないしな…。

愛が手に入らないとなったらその分食欲を満たすしかない。上越市の人気パン屋「パン工房くろわっさん」へ向かいます。

こちら店名の通り”クロワッサン”が美味しそう。

ですが個人的には種類豊富なメロンパンが楽しい。「くるみメロンパン」や「いちごメロンパン」ってアイディアがナイス。道中のお供に複数買い込みします。

いちごメロンパン」とかもう秀逸。苺なのかメロンなのかもうよくわかりませんがとりあえずフルーティなのはわかります。

 

 

さてさてその日の夕飯はやはりラーメンを。三条市に移動してかつての宿題店であり老舗「龍華亭」に向かいます。こちら新潟燕三条系ラーメンの老舗で三条市の背脂醤油を語るうえで外せない人気店。

「燕三条系ラーメン」の定説覆す、本当の歴史

龍華亭」と言えば元祖燕穀町「福来亭」の流れを組むお店で、現在は二代目が切り盛りされています。

中華そばで大油(背脂増し)でも同料金というのは有り難い。迷わず大油でオーダーです。

 

たまねぎ中華(大油)」750円

背脂満載。ものすんごいド迫力。燕三条ったらこうでなくっちゃ!ですね。

さて早速のスープですが豚骨ベースあっさりめに良質な豚脂の背脂がたっぷりと入ります。

濃口醤油主体の醤油ダレは僅かに酸味を伴いやや甘じょっぱめ。刻みタマネギがたっぷり乗っかってシャキシャキと食感も良し。

魚介系は煮干しを効かせてあり旨味十分。大油なのでやや魚介系が油脂にマスクされていますが美味しさがスープから溢れておりついつい飲み進めてしまいます。

モモ肉チャーシューの食感は固めの様式美。背脂に隠れてますがメンマもしっかりと入ります。

自家製麺の平打ち太麺は新潟燕三条系のスタンダード的なタイプで杭州飯店の麺よりも気持ち細めか。やや柔らかめながらこのスープにはベストマッチ。老若男女が食べやすい仕上がり。万人に愛される味わいがここに有りますね。

結果スープまでしっかりと完食。旨し。

 

新潟のご当地ラーメン”背脂燕三条系”のルーツを感じさせる「龍華亭」の一杯。正統派でありながら敷居を高くせず万人に安らぎと満足度をもたらす「中華そば」は必食メニューながら焼きそばも何気に人気だらしい。懐の深さを感じますね。また食べに来よう。

(16/12/29)
龍華亭/新潟県三条市須頃1-22

ジャンル:
ラーメン
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 担々麺屋 柏崎店(新潟県柏崎... | トップ | 新潟ふるさと村 らーめん処潤... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL