TRUE TRAD JAPAN, SSPX Resistance Austrasia, Frs Chazal Picot

今から465年前(西暦1549年)聖フランシスコ ザビエルが日本に伝えたキリスト教 その尊い教義典礼をまもりつづける

聖ジャニュアリウスの血が液状化しない

2017-02-22 | おしらせ
「シャザール神父様のひとこと」

ヨーロッパでは、聖ジャニュアリウスの血が液状化しないことが、
大きくニュースで取り上げられていましたが、
日本ではニュースになっていないようですね。
ぜひ、皆様にお知らせください。
イタリアのナポリでの出来事です。
カトリックの儀式の際、聖ジャニュアリウスの血は、
多くの場合液状化するのですが、平成28年12月、液状化しなかったのです。
聖ジャニュアリウスの血が液状化しない年は、不吉な出来事がおこりました。
この他、「バチカンから放たれた平和のシンボルの鳩」が、すぐに、
カラスに惨殺されたりしています。

ーーー以下ーーー英文記事の和訳(試訳)

「聖ジャニュアリウスの血が液状化しない」

この聖人の血が液状化しないことは、従来から、破壊的な出来事の勃発と関連がある
とされてきた。

聖ジャニュアリウスの血が、(儀式の際)予期されたときに液状化しなかったことで、
「これは何を意味するのか」という懸念の声が多数寄せられている。

聖ジャニュアリウスは、ローマ帝国時代のキリスト教殉教者。
ローマ皇帝ディオクレティアヌスのキリスト教徒迫害の際、西暦305年頃に殉教したと
されるイタリア、ナポリの司教。

聖ジャニュアリウスの血は、ナポリのカテドラル(司教座聖堂)内の、密閉された
ガラスの容器内に残されている。
通常の場合、年に3回、液状化する。
7月19日、12月16日、それから、5月の初めの日曜日の前の土曜日。

しかしながら、ナポリのカテドラルの大聖堂でのミサの際、金曜日の報告によると、
聖堂の修道院長である、モンシグノール=ヴィンセンゾ=グレゴリオは、聖人の血が
液状化しなかったことを明らかにした。

修道院長は、午後7時15分まで待っている間、信徒達に祈り続けることを頼んだ。
でも、修道院長ヴィンセンゾによると、「疑いなく固体」で遺物箱にしまわれた。

ミサが終わる前に、修道院長ヴィンセンゾは、
「わたしたちは、悲劇的なことや、大災難のことを考えるべきではありません。
 わたしたちは、信仰をもった者たちなのですから、祈り続けなければなりません」
と語った。

ナポリの人々が心配しているとおり、
血が液状化せず、固体であり続けたことは、不吉の前兆かもしれない。

聖人の血が液状化せず、固体であり続けたことは、過去に数度あった。
1980年に、液状化しなかった年は、地震がイタリアを襲った。
1973年に、液状化しなかった年は、ナポリでコレラの感染、流行となった。
1939年は、第二次世界大戦が勃発した年。
1940年は、イタリアが第二次世界大戦に参戦した年。
そして、1943年は、イタリアがナチスに占領された年。

(今回、液状化しなかった聖人の血であるが、前回は)
2015年3月に教皇がナポリを訪問され、参席した際は、部分的に液状化したという。

<以上、和訳(試訳)終了>

原文は、Blood of St Januarius fails to liquefy で検索してください
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エレイソンコメンツ 2016年9... | トップ | 婚姻 27/68 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。