TRUE TRAD JAPAN, SSPX Resistance Austrasia, Frs Chazal Picot

今から465年前(西暦1549年)聖フランシスコ ザビエルが日本に伝えたキリスト教 その尊い教義典礼をまもりつづける

七つの秘跡 (七つの秘跡の概要:洗礼について)

2017-07-16 | Pictureカテキズム
◎絵の説明

18
 この絵の中央にあるのは、御主イエズスがヨルダン川において、
洗者聖ヨハネから洗礼を受け給うところである。
御主が洗礼をうけ給うとき、天が開けて天主の聖霊が
鳩の形をして、御主の御頭の上に降った。
そのとき天から声があり、
「これはわが心にかなう我が愛子なり」 
と仰せられたことは、聖書(マタイ3-17)に記してある。
われわれも、この洗礼を受けるとき、はやり天主の愛子となり
聖霊は聖寵をもって我々の心にくだり、
我々が御主イエズスの兄弟となるのである。

19
絵の下部のほうは、司祭がこどもに洗礼を授けるところである。
天使のもたらした白衣は、霊魂を天主の聖意にかなわしめる
聖寵をあらわしたものである。

20
洗礼をうけて死ぬこどもは、ただちに天国にのぼる。
このことは、絵の上部の右の方に示してある。

21
洗礼は、救霊を得るに必要不可欠であるから
洗礼を受けない者は、自罪のないこどもでも、
天国にのぼることができない。
このことは、絵の上部の左方に、示してある。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アヴェ・マリアの祈り 天使... | トップ | 人の死について(四終):死... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む