クジラの砂時計 ~あした、たとえば雨でいいから

目の前に伸びすぎてきた前髪のむこうに広がるあれは晴れ間

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

042:学者(わたつみいさな)

2010年03月09日 | 短歌(ほそぼそ)
哲学者みたいな理屈で諭されてイカれてるのは僕だけでいい
『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 041:鉛(わたつみいさな) | トップ | 043:剥(わたつみいさな) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

短歌(ほそぼそ)」カテゴリの最新記事