MRFC村井レールファンクラブ の運転会記録と鉄道模型日記

クラブが開催する運転会と自宅レイアウト&所有車両の紹介をする爺の鉄道模型人生

KATOの183系電車のライトをLED化する

2017年08月09日 05時56分32秒 | 工作記
KATOの183系電車は計6本有るのですが出番の有る3本の先頭車6両のライトをLED化する事にしました。

その顛末がこちら
今回ライトをLED化する車両(写真は片側)


全車要領は同じですのでこの車両を例に進めます。
電球仕様を見てみます。


それでは改めて


分解します。


更に解体して
写真下側の金属パーツは電球の発熱対策の物ですので使用しません。
下左のライト基板(電球)は後日、他に転用し使用するので保管しておきます。。


最初にライトケースを加工します。
表側


加工後 電球の入っていた下部をLEDのリードが無理なく入るようにカットします。


LEDを入れるとこの様になります。


同様に裏側も加工します
加工前


加工後


次に以前取り外したライト基板を流用する為ついているLEDを取り外します。
写真左が加工前で右が取り外し後


取り外した基板とLED。


新たにこの砲弾型LED(白)を使用します。


極性に注意しながら組み込みます。
テール側のLEDは基板裏側から半田付けします。

今回から安っぽいマスキングでの絶縁はやめて、LEDのリードをチューブで保護しました。


車両に組み戻して完成です。  ちょっと、ハレーション気味ですが肉眼では綺麗に見えます。


こちらは未加工の電球色   差は歴然。



もう一態アップで


先の85系「WVひだ」とほぼ同時進行で加工した為抵抗値の検証はしていません。
やっぱり明るすぎかもしれません。  
最後は国鉄標準特急色
LEDのライト基板は流用しましたがパターンをカットしそこへ560Ωを半田付けしました。
すなわち、既存の560Ωに直列にもう560Ω。したがって1.12KΩ


前進側 幾らか暗くなったような・・・気のせいか!?


後退側  遮光板(ムギ球の発熱対策)を外してしまった為かヘッドライト側へ光が漏れています。


次回は1.8KΩでテストしてみようと思います。

その結果はいずれ又
ジャンル:
模型
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 頂き物のTOMIXの初代1... | トップ | KATOのAssyパーツを使い... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL