MRFC-村井レールファンクラブの運転会記録と鉄道模型日記

クラブが開催する運転会と
自宅レイアウト&所有車両の紹介をする
爺の鉄道模型人生

EIDAI-Nの14系15型寝台車を弄る その1

2016年10月13日 06時09分36秒 | 工作記
今回はEIDAI-N製品です。
この製品は結構古く当時学習研究社からEIDAIが引き継ぐ形でEIDAI-Nとして継続させました。
ですがディテールは現在でも充分通用する出来で決して悪くありません。
さて、最初はオハネフ15から


カプラーは以前からKATOの物に換装済です。


手始めにホロくらい取り付けましょう


貫通面


連結面


取り付け後はTOMIX車両と連結しています。右側がEIDAIの車両

この車両はTOMIXの同系列車両と連結する為にカプラーをKATO-NJPに変更済みです。

次に室内灯の取り付けです。分解します。 室内のモールドは薄茶色です。




テールライトとマークが点灯するので集電は可能です。
その集電方法はこの様に軸から集電する為、片台車ごとに+-が決まります。 

少し転がりが悪いですがこの車両はこれを生かしましょう。

中央の突起部を利用して室内灯用の電源を取ります。


リード線をそれぞれに半田付けし、


室内の床を這わせて集電シューまで導きます。 


拡大


集電シューの取り付けには瞬間接着剤とスーパーXハイパーワイドを併用しました


集電シューに集電スプリングを被せ


位置を確認して



ボディと床板を被せればオハネフ15のテープLEDを使った室内灯付き車両が、めでたく竣工となりました。





加工中にカプラーを落としてしまいました。   投稿後取り付けされました。

残るはオハネ15・・・!・・・!?どう、やろうか・・・。妙案が浮かびません。

少しだけ続く
ジャンル:
模型
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« KATOの10-1353  20系寝... | トップ | KATOの3081 EF70100... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL