MRFC村井レールファンクラブ の運転会記録と鉄道模型日記

クラブが開催する運転会と自宅レイアウト&所有車両の紹介をする爺の鉄道模型人生

KATOの307/3007EF57を見る

2016年12月28日 06時20分28秒 | N-旧型直流電気機関車
今日はブログを開始して500日なのだそうです。
そう、もう500日が経過しました。
読み返してみると、文章は稚拙のままですが記事だけは積み重なって行きます。
それでも、感慨深い物が有ります。

さて、本日の記事は~と・・・。

当社にはKATOのEF57は4両在籍しています。
その内、303/3003は3両有ります。
今回はその車両にスポットを当ててみます。 
時代と共に印刷のデザインも変わります。 KATOの歴史の一端が垣間見えます。



いずれも初期のEF58と動力の形態は一緒です。
先台車の1軸目は左右が独立していて軸が貫通していませんでしたので後年のASSYパーツに交換しました。。

品番が3003の物 購入が平成2年10月1日 GMストアーの下北沢店で購入した様です。



3両まとめて
手前が品番303の物








初期の1両はパンタグラフが換装されていてPS15が付いていました。(上の写真中、右の1両)


EF58用のPS14パンタグラフが有りましたので交換する事にします。


取り外したパンタグラフがこれ


最近のパンタグラフは取り付けが4点(碍子部で取り付ける)になっています。
取り付けのためにパンタ台に0.6mmで穴を開けます。(中央の1mmの穴2つは既存の取り付け穴)


取り付けました。 少量のゴム系を使用しました。 写真は少し浮いています。 撮影後しっかり挿入しました。


正面から見ると、足が貫通してしまいました。


アップで   後でタッチアップして目立たなくします。


これが交換後


同時に、経年変化でゴムタイヤが欠損していたり伸びきっていたので交換します。




パーツボックスに有った、この電気機関車用を使います。


交換完了です。 1軸目がゴムタイヤ



再びプラケースに収まり


DVDケースへ帰区となりました。

今日はこれ迄
ジャンル:
模型
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« KATOの再版品で組成した... | トップ | KATOの3069 EF57を見る »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

N-旧型直流電気機関車」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL