MRFC村井レールファンクラブ の運転会記録と鉄道模型日記

クラブが開催する運転会と
自宅レイアウト&所有車両の紹介をする
爺の鉄道模型人生

納戸の整理で見つけたもの⑤ エンドウ・学研の0系新幹線の空き箱

2017年07月14日 05時24分17秒 | N-新幹線車両
今回の空箱はエンドウの新幹線です。 各種で6箱6両分




当初は金属製のボディに走りの悪い車輪と動力でした。
KATOの0系2000番台新幹線が再生産された際に床下と台車及び動力関係をKATO製に乗せ換えリファインされました。
エンドウのオリジナルではなくなりましたがN-ゲージは走ってなんぼの世界です。
いくら、保有していても走らなければただの骨董品。
今では追加されたKATOの車両や後出の学研車両と連結され新幹線ラインを疾走しています。

この上6両がリファインされた元エンドウの0系車両  その下の2両は学研製
一番下(写っていない)と右側に縦に入っているのはKATOの製品


アップで


更にはGAKKNの0系新幹線の元箱  
こちらは3両しか手に入らなかったのですが幸い両先頭車は確保出来ました。
当時この地ではこの3両揃えるのが精一杯でした。


こちらの2両の大窓車が学研製。    台車をKATO製に換装して有ります。


別の増結用箱 エンドウやKATOの仲間たちと一緒にいます。


この一番上が学研製の0系  同様に台車はKATO製に・・・。


アップで


裏から


アップで 学研(gakken)の文字が刻印されています。



下世話な話ですが、使用したパーツはKATOのAssyパーツで動力一式、台車9両分、床下6両分、パンタグラフ6袋で基本セット購入相当かかりました。ボディは購入していないのに・・・。更にフル編成に不足する車両もAssyで揃え結構な散財でした。 
かといって動かない車両を抱えていても・・・痛し痒しです。

本当はKATOの0系2000新幹線は既に1本在籍していたのですが・・・。

今日はここ迄
ジャンル:
模型
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 納戸の整理で見つけたもの④ ... | トップ | 納戸の整理で見つけたもの⑥ ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL