MRFC村井レールファンクラブ の運転会記録と鉄道模型日記

クラブが開催する運転会と
自宅レイアウト&所有車両の紹介をする
爺の鉄道模型人生

第10回上高地線ふるさと鉄道まつりが開催されました。2017-3-20(月・祝)(クラブ通算109回運転会)

2017年03月21日 08時00分35秒 | MRFCの運転会記録
第10回上高地線ふるさと鉄道まつりが開催されました。
クラブでは鉄道模型の出展をしました。
この会場では第6・8~10と4度目の展示でクラブ通算109回目の運転会開催になります。

レイアウトはこんな感じ。例によってポンチ絵を書いて望みます。
今回は今までとまた違った形で提供しました。


開催に先立ち主催者の挨拶と説明


レイアウトも準備万端です。


開始約5分後、レイアウトの周りはこんな状況です。




後ろ側はいつものミニSLが走ります。


約1時間経過・・・観覧者が絶えません。


操作の合間に、写真撮影。 時系列順では有りません。
写真奥から現美新幹線、キューロク九州タイプが引く石炭列車、スーパーあずさ・・・7線区間


コキ車群とセム1・セムフ1、中線を行くしなの鐡道の115系・・・7線カーブ区間


停泊中の現美新幹線とスーパーあずさ・・こちらは本日大不調でした。


コキ車群とスーパーあずさ付属編成(M付き)先の不調分をこの編成が補ってくれました。・・・駅から続く7線区間の始まり。


駅に停車中のE257系あずさとEF641001牽引のカシオペア紀行


別角度から





放牧場の有るコーナーを快走するE127100番台4連


7線区間を行くe353スパーあずさ先行試作車のさらに先行試作車とE127の4連


放牧場の有るコーナーを行くe353


同じような絵面が


もう一態


新村駅タイプ


正面側から  観客から「新村駅みたい」の声が・・・作者はにんまり・・・私です。


写真奥からハニフ1+デハ4いずれもタイプ、車庫内3000形霜取りパン付き、モハ10形2連(庫内は唯一のクハ106)
洗浄線に今回故障した3000形なぎさトレイン(こちらは健在です)と5000形松電カラー(実車は東急のグリーン塗装です)
留置線にデワ2牽引の貨物車、建物前にED301、それに駅上り線に停車中の3000形車両
折しも下り線をE257あずさが通過中です。


実際のホーム上の松は枯れた為切られてしまった様ですが、模型では再現。しかし、杉? 奥には歴代のバスが色を添えます。


表では松本警察署によるパトカーと白バイの展示




ED301  今回はナンバープレートがED221(弘南鉄道)になっていました。


同型車の模型も・・・実車は走りませんが模型は走ります。今回の大目玉作品






調子に乗って電動貨車デワ2タイプ  秋田中央交通の塗装変更品です。


5時間の開催時間は瞬く間に終わりを迎え、ほぼ1時間で撤収作業も終わり解散になりました。

最後にお世話になったアルピコ交通の方々、上高地線応援隊の方々と、訪れてくれたオーディエンスの皆さんに感謝して本文を締めくくります。

今日はここ迄

カシオペア編成の名前が間違っていましたので訂正しました。 2017.3.21 11:00
弘南鉄道のナンバーが間違っていましたので訂正しました。 2017.3.21 19:45
ジャンル:
模型
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「第10回 上高地線ふるさと鉄... | トップ | アシェットの日本の貨物列車... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL