私の暮らし

夫婦二人の年金暮らしの日々
色々あるけれど楽しく暮らしたい

しつけは大事でもちょっと切ない気持ちに

2017年07月15日 | 日記


 向かいにあるマンションの廊下で子供が大声で泣き叫んでいました。
「ごめんなさい、ごめんなさい」「開けてよー」とどうやら悪さをして外に出されたようです。
それから30分余りドアをドンドンたたきながら「ごめんなさい。もうしないから開けてよー」
夕食の支度中だったのですが手につかず。
子供が悪さをして反省させるために外に出したという事は理解できますが
泣き叫ぶ声が可哀想で可哀想で。
そのうち管理人さんが来て家に入れて貰えたみたいで一安心しました。
きっとどなたかが管理人さんに言ったのでしょう。

我が子の躾は他人がどうのこうの言えませんが泣き叫びながら許しを請い
ドアをたたき続けるのを見るのは切ない。孫を重ね合わせてしまうのでしょうか。
(もちろんカーテン越しに見えたのです)
せめて家の中で叱って欲しいと思いました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへにほんブログ村

にほんブログ村
ジャンル:
その他
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朝の時間割 | トップ | イケアへ布団干しスタンドを... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む