*双極性障害*(躁鬱病)だったわたしの断薬日記。。

双極性障害と診断され精神薬を飲んで14年。本当の幸せを望み断薬。まわりの優しさに支えられ、幸せを見つけられる。生活日記。

「今の現実は本当の自分ではなく、仮の姿だ」と、思っている馬鹿。

2016年10月14日 | 今、思う事

双極性障害と診断され、精神薬を飲み続けて14年。断薬して二ヶ月半経ちました。

 

断薬を意識したのが、まだ蝉の鳴く前だったのに、もうすっかり肌寒い季節になってしまいました。

 

「今の現実は本当の自分ではなく、仮の姿だ」と、思っている馬鹿。

 

それは、わたしです。

 

「バカ」と、言ったのは、周りの人に対して、「失礼だな〜」と、

今、やっと気づいたから。。。

 

「断薬したのは良いけど、この先の人生をどうやって生きていこう。。。」

って、断薬してからずっと考えて来た事だけど。。

 

「ってか、今も生きてんじゃん!」

 

って、事に、当たり前ながら気づいた。

 

今はまだ苦しくて、体調も万全じゃないから、毎日がリハビリだと思ってる。

そして、この先、誰と付き合って、どのように生活していくかを考えていた。

多くの人との付き合いを断って、今ものすごく孤独に感じている。

わたしには、誰もいない。。。

そんな事も考えてた。

「もっとたくさんの人と関わって、楽しい人生を送りたい」

そう思ってた。

 

でも。。

「それって、どこにあるの???」

って、話。

 

よーく考えてみたら、今だって、お付き合いしている友達は少なからず居るし、

親も生きているし、いつも話を聞いてくれる姉もいる。

何が何でもわたしの見方だって言ってくれる旦那もいる。

そんな、自分に関わってくれている人に対して、

「ほんと、失礼だよね〜!」

って、思う。

だから、自分は「バカ」なんだと。。。

 

今だって、十分現実だし、仮の姿でもなんでもなく、リアルな現実。

「今を幸せだと思えない自分は、きっと未来に行っても幸せだとは思えない」

「今のこの環境に感謝して大事に思えなければ、きっと良い未来はない。」

 

あ、これ完全に自問自答ですw。

 

今やっている趣味や人付き合いは、リハビリ中の「とりあえず」

だと、思っていた。

「ほんと、最悪だよね〜」

(あー、わたしって、サイテー。)

ってか、

今の生活が「とりあえず」なら、

いつ、どうなれば「本当の自分だ」って思えるんですか?

って、話。

 

わたし「子宝先生」の無料メルマガ、毎日読んでいるんですが、

その先生も

 

【過去あっての現在、現在あっての未来】

間断なく時は流れ、現在には、過去も未来も含まれている。

この今をしっかり生きよう。

 

って、言ってる。

そうなんだよね。

今は未来に繋がっているから、今を大切にしないと、明るい未来は来ないって事だよね。

 

今日は、趣味の人たちと、出かけて、そのままお食事してくる予定です。

今まで、この趣味、この人付き合いは、「とりあえず」って失礼な事思ってたけど、

「これが今の自分なんだ」って、

「それを大切に生きるんだ」って、

そう思って、今日一日過ごしてみようと思う。

 

そしたら、明るい未来が見えて来そう。。。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« "ビリギャル”小林さやかさん... | トップ | 「過去にとらわれ、現実を見... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む