木曽越峠の仙人日記

gooブログ、趣味の写真も見てください(薬用植物)等

畑けの 薬草 ( 野菜) パート3

2017年07月14日 | 木曽越峠の仙人日記


7月14日、天候、雨、曇り、時々晴れ、猫の目天気である




「スイカ」、ウリ科、熱帯アフリカ原産、江戸時代初期には

日本で栽培されていたようです

薬用 :(果実) 急性、慢性腎臓炎のむくみに良いようです




「サトイモ」、サトイモ科、熱帯アジア原産、畑けで栽培される多年草

薬用 : (根茎) (野芋)、胃潰瘍・乳腺炎・扁桃腺に

胃腸を冷やす薬草です、(大量に食べない)




「トウモロコシ」、イネ科、熱帯アメリカ原産、日本にはポルトガルの

宣教師が1,579年に、長崎に持って来たそうです



薬用 : (花柱) (毛) 利尿薬として、急性腎炎・妊娠時のむくみに

当地では、トウモロコシは (ハクビシン)に食われます





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 畑けの 薬草 ( 野菜) パート2 | トップ | 涼しさを求めて 渡合地区へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。