温泉ドラえもんのブログ

全国の秘湯巡り、昆虫、野鳥、植物、野菜づくり、小さな実験室などを中心に写真とともに掲載します。

早起きは三文の徳! ウスバカミキリ(薄翅髪切)のオス

2017年07月13日 | 昆虫
 ① 朝6時に隣の神社へ行くと、木の幹に大きなカミキリムシがいるのを見つけました。
 

 ② 体色は、赤みがかった褐色のウスバカミキリ(薄翅髪切)です。
 日本産のカミキリムシでは、シロスジカミキリ、ミヤマカミキリ と並ぶ最大種です。
 夜行性で、昼間は立ち枯れの洞や樹皮下に潜んでいます。
 朝6時という時間帯のお陰で、姿を見ることができ、まさに、早起きは三文の徳ですねえ。



 ③ 成虫の食性はよく分かっていませんが、飼育すると果物や糖分の多い液体を食べることがあるそうです。
 この時も、樹液の部分に頭をつけて、盛んになめているようでした。
 メスは、産卵の時以外でも産卵管を出しているそうですので、これはオスですねえ。


『虫』 ジャンルのランキング
コメント (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まだ白色が見えませんが! ... | トップ | 安心・安全な交尾! シオヤ... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ウスバカミキリ (サンキュー)
2017-07-13 17:43:04
少しばかり地味な色合いに見えますが
木の色に合わせて保護色なのでしょうか・?
大型種だと見つかりやすく警戒心が強いかもね。
カミキリ (毎日日曜大工)
2017-07-13 19:52:11
カミキリって
髪の毛を切ってしまう程の口をしてるんですよね、たしか。
噛まれたら、痛いでしょうね。
カミキリムシ (快談爺)
2017-07-13 20:29:38
夏ですね、ゴマダラカミキリは良く見ますが、このカミキリは、とんとお目に掛りません。
ウスバカミキリ (定年(諦念)おじさん)
2017-07-13 22:28:12
見たことがありませんが、大きそうなカミキリですね。矢張り、樹液に集ってくるんですね。
ウスバカミキリ (猫親父)
2017-07-13 22:30:09
漢字で書くと、どんな字になるんでしょうか?
翅が薄いのかな?
大型種と言うと、体長はどのくらいあるんですか?
カミキリ (たいぴろ)
2017-07-13 23:15:24
前に見たヒゲナガくんもだけど、カミキリは皆ひげというか角が長いですね。
ちょっと怖いフォルムですけど。
サンキューさんへ  (温泉ドラえもん)
2017-07-14 14:42:05
 そうですねえ、朽ちた木などにいるので、保護色の役目もあるのでしょうねえ。
 こいつは、結構凶暴ですので、うかつに手は出せません。
毎日日曜大工さんへ (温泉ドラえもん)
2017-07-14 14:43:19
 そうそう、2画のように顎がとても発達しているので、下手に手を出すとかまれます。
 結構 凶暴です。
快談爺さんへ  (温泉ドラえもん)
2017-07-14 14:44:50
 そうですねえ、やはり平地で一番目にするのは、ゴマダラカミキリですねえ。
 朽ちた木に幼虫がいるので、やはり樹木が多い環境が必要ですね。
諦念おじさんへ (温泉ドラえもん)
2017-07-14 14:46:28
 そうですねえ、自然界での食性がまだはっきりしていませんが、多くのカミキリムシが樹皮を食べるのに対して、このカミキリは、樹液を舐めていました。
猫親父さんへ  (温泉ドラえもん)
2017-07-14 14:49:00
 おおお~、予想されたように漢字で書くと、「薄翅髪切」と書きますので、下翅はとても薄いのが由来です。
たいぴろさんへ (温泉ドラえもん)
2017-07-14 14:50:44
 特に触覚の長い仲間もいますねえ。
 私は、どうも「西洋の悪魔」の姿を連想してしまいます。
 ひょっとしたらモデルかな。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。