温泉ドラえもんのブログ

全国の秘湯巡り、昆虫、野鳥、植物、野菜づくり、小さな実験室などを中心に写真とともに掲載します。

幼虫は枝に擬態する尺取虫! ウスキ ツバメ エダシャク( 薄黄燕枝尺 )

2017年06月19日 | 昆虫
 ① 朝、神社の葉の上に、ウスキツバメエダシャク( 薄黄燕枝尺 )がいました。
 夏の服装のように涼しげな感じがします。
 尾状突起を「燕」に見立てたものです。


 ② これは、同じ仲間の「エダシャク(枝尺)」の幼虫です。
  エダシャク(枝尺)とは、木の「枝」などに擬態する「尺」取虫という意味です。
  普通、イモムシは腹部に5対のいぼ脚があるのに対し、シャクガ科では腹部のいぼ脚が退化して後方に2対しかありません。
  前脚(胸部の3対)と後脚(腹部の2対)は離れているため歩き方は独特です。
  まず胸部の脚を離し、体を真っすぐに伸ばして前方に脚をつきます。
  次に腹部のいぼ脚を離し、胸部の脚のまでひきつけて体を逆U字型にします。
  この様子が、長さを測っているように見えるため「尺取虫」という名がつきました。


 ③ 近くには、マドガ(窓蛾)のオスもいました。
 体長15mmほどの小さなガです。
 名前は、翅の中室にある半透明の白色斑を窓に見立てたものです。
 


『虫』 ジャンルのランキング
コメント (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 女王様の品のある戦い! オ... | トップ | キュウリ苗 第2弾植え付け! »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
距離を測っているのかと思いました。 (毎日日曜大工)
2017-06-19 09:50:54
独特の歩き方で、距離を測っているのかと思いました。(ジョーク)
一種の万歩計ですね。
幼虫 (定年(諦念)おじさん)
2017-06-19 17:32:48
この尺取り虫みたいな幼虫は見たことがありますが、白い蛾は初めて見ました。何だか儚げで、弱々しそうですね。
尺取虫 (ルパン)
2017-06-19 17:54:59
なるほど~、これが尺取虫の由来ですか。

そうそう、今日、ミツバチがブラックベリーの
お花の蜜を吸っていました。
最近、見かけないミツバチですね。
蝶か蛾か・? (サンキュー)
2017-06-19 18:25:15
ウスキツバメエダシャクは蝶か蛾か・?
どちらでも良いです白くて可愛いですね
尺取虫いまは見ませんね見ていても飽きない。
枝だと思って (たいぴろ)
2017-06-19 23:37:39
枝だと思って何気に触ったらぐにょっと動いたらびっくりするかも。
白くて綺麗な羽ですけど、蛾ですよね?
毎日日曜大工さんへ (温泉ドラえもん)
2017-06-20 15:19:46
 へっへえ~、まさに手で距離を測っているようですねえ。
 万歩計とはイイ表現ですねえ。
諦念おじさんへ (温泉ドラえもん)
2017-06-20 15:21:03
 そうそう、こいう尺取虫は、意外によく目にすると思います。結構 種類が多いので、同定はできませんが。
 
ルパンさんへ (温泉ドラえもん)
2017-06-20 15:22:25
 そうそう、尺取虫とはうまく表現したものだと思います。
 日本ミツバチが激減したので、農家にとっては困った問題ですねえ。
サンキューさんへ  (温泉ドラえもん)
2017-06-20 15:23:22
 これは、ガの仲間です。
 尺取虫は、種類が多いので同定はできませんが、意外によく目にしますよ。
たいぴろさんへ (温泉ドラえもん)
2017-06-20 15:24:54
 そうそう、ガの仲間です。
 昔から、枝と間違えて『土瓶をかけたら落ちて割れた」という意味で、「土瓶落とし」とも言われていますよ。
夏ですね (もっくん)
2017-06-24 08:28:41
草むらや、藪にはたくさんの虫たちがいますね。
気を付けないと毒を持った者もいるのでは。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。