温泉ドラえもんのブログ

全国の秘湯巡り、昆虫、野鳥、植物、野菜づくり、小さな実験室などを中心に写真とともに掲載します。

女王様の巣材集め! ヤマトアシナガバチ、セグロアシナガバチ

2017年05月15日 | 昆虫
 ① 窓に立てかけた古竹にヤマトアシナガバチ(上 大和脚長蜂)とセグロアシナガバチ(下 背黒脚長蜂)の女王蜂がやって来ました。



 ② 耳を澄ますと、「ゴリゴリ」という音がします。

 上のヤマトアシナガバチ(大和脚長蜂)は少し小型ですがかつては普通に見られた種類ですが、最近は激減しています。

 攻撃性はアシナガバチの仲間では最も弱く,巣を直接刺激しない限り刺される心配はありません。



 ③ 口には、はぎ取った古竹の繊維を丸めて持っています。

 どこかで女王蜂だけで、初期の小さな巣を造っているのでしょう。



 ④ 下のセグロアシナガバチ(下 背黒脚長蜂)も盛んに竹の繊維をはぎ取っていました。



 ⑤ 何度もやって来て繊維をはぎ取った跡です。


『虫』 ジャンルのランキング
コメント (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 体液を吸いつくせ! ヨコヅ... | トップ | タブノキ(椨)の若葉をモリ... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
見分けが付きませんが・・・ (毎日日曜大工)
2017-05-15 09:42:55
女王様も、大変な仕事をしてるんですね、頑張れ!!
アシナガバチ (photter)
2017-05-15 09:54:08
我が家にも来ていますよ、玄関の木をかじっています
近くには小さな巣が有り一匹だけで動き回っています
これからどんどん大きくしていくでしょうね。
歯が命 (うさちゃん)
2017-05-15 11:26:37
まあ、強い歯ですね。竹をかじっていくなんて、どんな巣になるのでしょう。
そろそろ (サンキュー)
2017-05-15 18:17:52
暑くなりこの頃から蜂の動きも活発になり
女王蜂も巣作りに必死ですね
なって来ますね蜂は刺さなきゃ良いんですけど。
蜂の巣作り (定年(諦念)おじさん)
2017-05-15 18:47:54
蜂の顎は強いのですねえ。竹の表面を囓り取るのですか。注意してみると、実は凄いことをやっているんですね。
アシナガ (たいぴろ)
2017-05-15 23:29:26
ヤマトのほうがちょっとオレンジがかった色ですね。
でもきっと私が見れば見分けはつかないかも。
うちの古竹にもきっとやってきますね。
毎日日曜大工さんへ (温泉ドラえもん)
2017-05-16 10:15:49
 そうそう、働き蜂が生まれるまでは、女王様は忙しいですねえ。
女王蜂ですか (Mota)
2017-05-16 10:16:52
すごいなあ、温泉さんは見ただけで女王蜂だとわかるんですね。
私には働き蜂か女王蜂か見極めがつきません。
photterさんへ (温泉ドラえもん)
2017-05-16 10:16:53
 やはり、いますか!
 女王蜂が作っている小さな巣を探しているのですが、見つかりませんねえ。
うさちゃんさんへ (温泉ドラえもん)
2017-05-16 10:18:44
 実は、とびさる方向を探しているのですが、まだ小さな巣が見つかっていません。
 ヤマトアシナガバチの巣の帽子は綺麗なんですがねえ。
サンキューさんへ (温泉ドラえもん)
2017-05-16 10:20:08
 スズメバチでなければ、人間が不用意に触ったり巣を攻撃しなければ刺されませんよ。
諦念おじさんへ (温泉ドラえもん)
2017-05-16 10:22:03
 そうそう、本当に繊維をはぎ取る時の音がしますからねえ。実際に、音を聞くとビックリしますよ。
たいぴろさんへ (温泉ドラえもん)
2017-05-16 10:23:39
 そうそう、ヤマトアシナガバチの方が、オレンジ色が強いですねえ。
 きっとたいぴろさん宅の古竹にもやって来ていますよ。
モタさんへ (温泉ドラえもん)
2017-05-16 10:25:15
 いえいえ、外見からでは私も判別できません。
 この時期に巣作りのために飛んでいるのは、すべて女王蜂なので、そのように判断しているだけです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。