温泉ドラえもんのブログ

全国の秘湯巡り、昆虫、野鳥、植物、野菜づくり、小さな実験室などを中心に写真とともに掲載します。

子を守る ケリ(鳬)の威嚇!

2017年06月13日 | 野鳥
 ① ケリ(鳬)が畦道で抱卵中でした(5月から毎朝 確認しました)。


 ② 5月17日には2個あった卵が、6月6日には1個になっていました。


 ③ 抱卵中の親も時折、巣を離れるので、カラスに卵を持っていかれたのでしょうかねえ。


 ④ ところが、今朝 畦道に親がいません。
 確認に行くと、卵がありません。
 孵化したと思われます。
 近くのあぜ道や田んぼを探しましたが、雛は見つけることができませんでした。
 雛の羽毛は、土に溶け込むような迷彩色になっているので、40分ほど探しましたが、見つかりません。


 ⑤ その間、ケリの番が、上空で甲高い声で「ケリ、ケリ・・」と威嚇しています。
 後ろから迫られると、襲われるのではと思うほどです。
 この威嚇・警戒の鳴き声が聞こえている間、雛は微動だにしません。
 そのため、雛はが見つかりにくいんでしょうねえ。


『鳥』 ジャンルのランキング
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カキツバタ群落の昆虫3種 ... | トップ | クリ(栗)の花が一杯! »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (サンキュー)
2017-06-13 18:15:28
孵化したのであれば良いのですが
2個ともカラスに持っていかれたのではないと・?
近くに幼鳥がいるので親が警戒していれば良いのですが。
自然界は厳しい (もっくん)
2017-06-13 19:13:29
ヒナがいるといいですね。
ヒナがいなければそんなに警戒はしませんよね。
自然界は厳しいですね。
温泉さんも威嚇された?! (毎日日曜大工)
2017-06-13 20:08:12
雛が生きていると。イイですね!!
ケリの抱卵 (定年(諦念)おじさん)
2017-06-13 21:35:49
抱卵終了ですか。子ケリがチョロチョロ出てくるとイイですね。我が家の近くも甲高い声が聞こえてきます。
親心 (猫親父)
2017-06-13 23:14:23
雛が孵っても、巣立ちするまでは心配でしょうがないんでしょうね。
ケリ (たいぴろ)
2017-06-13 23:45:57
どこかに隠れていたのですかね。
ケリって下から見ると色合いがはっきりして綺麗な鳥ですね。
警戒 (風)
2017-06-14 08:27:36
高い声で鳴くという事は 雛が近くに居るという事ですね。
ケリケリという鳴き声は最近よく聞こえてきますねぇ
こういう鳥だったんですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。