温泉ドラえもんのブログ

全国の秘湯巡り、昆虫、野鳥、植物、野菜づくり、小さな実験室などを中心に写真とともに掲載します。

ミカン科の葉で! ナガサキアゲハ(長崎揚羽)の幼虫

2017年06月17日 | 昆虫
 ① やっとミカン科の葉にナガサキアゲハ(長崎揚羽)の幼虫を見つけることができました。
緑色の体色の中に白色の帯が綺麗です。
国内のアゲハチョウ類の幼虫としては最大で、成熟すると70mm程度になります。


 ② 正面から見ると、擬眼模様がユーモラスな感じがしますねえ。



 ③ よく探してみると、同じ木に4齢幼虫もいました。


 ④ 更に、わずかに刺の残る2齢幼虫もいました。


 ⑤ これは、昨年 隣の神社で写したナガサキアゲハ(長崎揚羽)のオスです。
 名前の通り、地球温暖化とともに発見・命名された「長崎」から北上し、最近では北陸の南部にまで進出しているようです。
 今年は、綺麗なメスを写したいですねえ。


『虫』 ジャンルのランキング
コメント (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 交尾失敗です! ニホンカナ... | トップ | 女王様の品のある戦い! オ... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ナガサキアゲハの幼虫 (フィール・パージュ)
2017-06-17 17:50:40
大きな頭?にある擬眼模様が愛らしいですね。
本物の目はどこに?(笑)

見ないですね~ (サンキュー)
2017-06-17 18:28:48
ナガサキアゲハは見た事が無いかも・・・
どこかで遭遇していても気が付かないのか・!
会いたいですね飛んで来ないかな~・・^^)。
大化けしますね (もっくん)
2017-06-17 18:30:14
幼虫の姿からは、優雅な蝶は想像できませんね。黒色のアゲハチョウも数種類いますね。私には区別は難しい。
ナガサキアゲハ (定年(諦念)おじさん)
2017-06-17 19:22:44
おおきな幼虫ですね。そして、鮮やかな緑ですね。それが、蝶になると真っ黒けですか。幼虫の色と蝶の色は関係ないのですね。
ゴツイ!! (毎日日曜大工)
2017-06-17 20:03:08
ちょっと、触りにくいな~。
正面顔は、オカシイ~!
本物の目は、どこ? ですか。
大きいですね (風)
2017-06-18 11:47:26
立派です
でも4齢幼虫くらいが可愛らしいですね。
いくら芋虫でも、こればっかりは憎めませんね。
無事にアゲハになりますように。
フィールパージュさんへ (温泉ドラえもん)
2017-06-18 14:16:16
 そうそう、ニセの目立模様はユーモラスですが、本当の眼は、下の方にあります。
サンキューさんへ  (温泉ドラえもん)
2017-06-18 14:17:20
 そうですねえ、ナミアゲハのように個体数が多くないので、注意深く黒色のチョウを探さないと出会えないかも知れません。
もっくんさんへ (温泉ドラえもん)
2017-06-18 14:18:42
 そうそう、アゲハチョウの幼虫は、それぞれ独特の模様がありますが、慣れないと識別が難しいですねえ。
諦念おじさんへ (温泉ドラえもん)
2017-06-18 14:20:46
 そうそう、幼虫と成虫ではまったく体色が異なりますねえ。
 幼虫の時代は、天敵の眼をごまかすために、葉の緑色と同色になっているんでしょうねえ。
毎日日曜大工さんへ (温泉ドラえもん)
2017-06-18 14:21:55
 そうそう、本物の眼は、下の方に小さく点のようにあります。
風さんへ  (温泉ドラえもん)
2017-06-18 14:23:53
 小さいころは、それなりに可愛いですがねえ。
 しかし、途中で天敵に食われてしまうので、少ない数が成虫になるという厳しい世界ですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。