おやじのこだわり田舎暮らし

自然にやさしく 美味しく安心して食べられる作物作りと スローライフな田舎の生活を楽しむ。

田植えが始まっている。

2017-05-16 12:53:24 | 農業

 今は田植えの季節である、休日となると田植え機が活躍している。

  三月末から消毒(温水、酢)した種籾を、湧水が出る池に浸けていた。

 関係者が集まり籾落とし

 育苗機で芽出しをする。

 箱苗を苗代田にいれる(四月二三日より)。

 手植えによる田植え(一本植え)を始める。

 五月一二日より我が家の田植え、一四日頃からあちこちでも本格的に植え始めている。

 今朝の時点で、集落の半分は田植えが終わっている。

 

 三月末より種籾の処理、苗の育成、そして先週より田植えが始まっている。

 ほとんどはJAで苗を買って植えているが、我らのように独自の品種(にこまる恋の予感、古代米「みどりもち」)での育苗は少なくなっている。

 田植えも乗用田植え機で行うと、三反くらいでは二時間程度で済んでしまう、我が家のように一本植えに近づけると、植えた直後は他所と比べみすぼらしい感じであるが、すぐに稲の生命力で追いつき立派な稲株となる。

 我が家は今年も小さい田の三枚は、昔ながらの型枠による手植えで、しかも完全な一本植えが出来、手押し除草機が縦横に入れられるため除草が楽であるのが理由である。

 いつまで元気で、この様な田植えが出来ることやら....。

ジャンル:
ご近所
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ツツジが咲いている。 | トップ | 田んぼの様子。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL