第三部 熱帯夜の明けに~総合内科医 in 出雲 大学編~

湘南鎌倉、東京城東病院、Mahidol大学を経てGeneralistとして新米大学教員となった総合内科医の闘魂ブログ。

闘魂外来 in 松江生協病院

2017-07-12 08:53:59 | 総合内科

みなさまこんにちわ。

しまねの生活がとても過ごしやすく快適であるという事に感謝しつつ、人間らしい営みをしております。

ちなみに、しまねはなんと全国2位の出生率で、待機児童の問題もないからか、自分の周りをみても子供3人は普通で、5人とかいる方も結構います。

最近家族と話していて思うのですが、子育てには人間(動物)として居・食・住の空間的なゆとりと、都会的な周囲からのストレスがない方がどうもいいような気がします。

いい意味で自然体でいるということ。東京でワタワタしていた時は、朝の満員電車が嫌で嫌で、実は自転車通勤なるものを奮発投資して始めたのでしたが

結果的には今は車生活に戻り、ぶくぶく太ってきてます。情けない限りです。

 

さて、7月21日、22日に松江生協病院に師が来て、闘魂外来を行います。

22日の方は充足してしまっていると思いますが、次回以降の事もあるので興味がある方は是非ご連絡ください。

21日の役に立つ講演の方は誰もで参加可能です。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オールしまね  | トップ | しまねで暮らす意味 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

総合内科」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL