第三部 熱帯夜の明けに~総合内科医 in 出雲 大学編~

湘南鎌倉、東京城東病院、Mahidol大学を経てGeneralistとして新米大学教員となった総合内科医の闘魂ブログ。

春ですね・・研修医になったら読んでくださいを読んで

2017-03-30 10:01:28 | 総合内科

皆様こんにちわ。

本日で今年度の仕事が終えて、次回出勤日からは新規一転。

新しい研修医の先生方と勤務になります。といっても、以前の様に最前線で日夜全研修医と「リンショウ」するという事ではなくERの時だけですが。

ローテーション中は基本的には各科の指導医の先生方にお世話になります。時間は短いです。新しい人達とどこまでもいつでも指導受ける事になると思います。

まず医師である前に当たり前過ぎる位の大人(社会人という意味です)である方が実はストレスなく、つまずく確率も少なくなるのではないかと思い、自分の師が分担執筆している書籍を島根県内全域の研修医にしまね地域医療支援センターのBack upで配布させていただこうと思います。

どうか、当たり前の挨拶含む、一緒に居て気持ちが良いというくらいのコミュニケーションをお願いします。工夫と努力をして教えられ上手になってください。可能であれば同期や後輩や学生に教えて下さい。

偉そうな事は言えませんが、単なる資格やテストの点数が取れる以上に良い医師になるためにどうしたらよいか考えていただければと思います。そんな気持ちです。

 

そして、日本ではあまりにも卒前教育と現場でのGapに苦しむ事もあるかもしれませんが、10年前に比べて明らかに時代は少しずつ変わってきています。自分の両親や子供だったらどういう医師にみてもらいたいか?

医学部6年間のプライドは捨てて患者さんの為に頑張ってください。そして、かなり矛盾しますが頑張りすぎないでください。少しでも困ったり迷ったりしたら、信頼できる人に気持ちを伝えてみて下さい。私も後になって気づいたのですが、周囲の誰もが研修医の皆さんを心から見守っています。

 

皆様の春からの新しい生活を心から応援しております。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 徳田安春~春の大感謝祭~を... | トップ | Harvard ICRTについて »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

総合内科」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL