渡辺トクロー(督郎) 豊かな地域社会をめざして

渡辺トクロー(督郎)です。西海市大瀬戸町雪浦から豊かな地域社会をめざし、皆様と共に歩んでいきます。

西海市議選 語り続ける選挙戦 渡辺トクロー最後まで走り続けます - 20日の記録

2017年04月20日 | 西海市議選

いよいよ選挙戦も後半戦に突入しました。

朝から、雪浦地区国道沿いで、ご挨拶とご支援のお願いをしました。

今日は、まず、地元雪浦を中心に、街頭演説をして回りました。一体、渡辺トクローは、何をしてきたのか、これから何をしたいのかを、語らせていただきました。

西海町のショッピングセンターでも、街頭演説。

雪浦グラウンドでゲートボールをしている皆さんにも、もう一度握手をしてお願いをしました。

 地元雪浦の小松地区公民館まえでも、街頭演説させていただきました。

小干地区でも、街頭演説。今日は、渡辺トクローの思いを、語って語って語り尽くしました!!

小干地区での街頭演説の動画です。(主に、地元雪浦についてのものを抜粋しています。)

雪浦で生まれ、雪浦小学校1年生まで雪浦で育ちました。その後長崎に住み、成人してからは、青年海外協力隊としてソロモン諸島やフィジーで活動。通算13年間を海外で暮らしました。東日本大震災の時は、岩手県遠野市で、沿岸自治体の震災支援活動に携わりました。2015年からは、NPO法人雪浦あんばんね理事長として、雪浦の地域おこし活動に全力を注いでいます。日本のあちこちを、世界のあちこちを見てきたからこそ、ふるさと西海市をどうにかしたいという強い想いに駆られています。

これまで人とのつながりを大切にしてきました。この選挙戦も、どこの団体にも企業にも頼らず、支援者一人一人に支えられた草の根選挙でありますが、まだ厳しい状況です。渡辺トクロー、あと一歩のところにいます。もう少し、皆さんの後押しが必要です。

このブログは、日本中、世界中の友人が見てくれていて、多くの激励のメッセージをいただいています。しかしながら、選挙権は、西海市民だけが持っています。もし、これを遠くで読んでくださっている方がいて、西海市に友人がいたら、同級生がいたら、親戚がいたら、どうか、渡辺トクローのことを伝えてください。西海市を本気で元気にしようとしている男がいることを伝えてください。必ずや、西海市を住みたくなる町にします。どうか、あと少しの後押しをお願いいたします。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 西海市議選 選挙戦も、ちょ... | トップ | 西海市議選 草の根選挙の底... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL