朝礼の話題

見たり読んだりして、感じたことを朝礼で話しています。この頃は仕事の話は少なくなりました。

嘔吐

2017-03-20 22:44:58 | 21世紀
嘔吐
2017/03/21
「ノロウィルスは身体の掃除屋さんだ」と話していると、若い人たちは、「嘔吐は苦しい。嘔吐させるノロウィルスは災難である」と反発します。
若い人と老人の私とは、嘔吐についての認識に大きな差があると感じます。
 私達の時代、サルトルの「嘔吐」が持て囃され、格好良い事のイメージがありました。私は読んでいませんが、当時の雰囲気として、ウィキペディアでは次のように書かれています。
『1964年、サルトルにノーベル文学賞が与えられることが決定されたが、彼の「着想、自由の精神、真実への探求心に富み、現代社会に大きな影響を及ぼした作品」が評価されたといわれている。サルトルはノーベル賞を辞退した数少ない人々の1人であり、ノーベル賞を「資産家層によって作られた儀式に過ぎない」と評した』
私が自分の手で嘔吐し続けたのは、九州高速道路御船工事の時です。4kmの延長の中、20の地元部落があり、工事説明会を3日置きに催しました。説明会のあとは宴会になります。湯呑での献杯で、飲まされます。そのままだと翌日は二日酔いで仕事出来ませんので、宴会終了後、嘔吐して胃袋を空にしたものです。2か月に亘り、宴会漬けは、土建会社社員の強さを見せるための嘔吐だったと懐かしく思います。
二日酔いで翌朝嘔吐する時、朝日の光を浴びながら、胃液しか出ないのですが、陽のあたった、黄色い透明な胃液は、宝石のようにきれいで、苦しさを忘れて見惚れたこともありました。
 ローマ貴族たちは。宴会でたくさん食べ、腹いっぱいになると、嘔吐してまた食べ、楽しんだと歴史では言います。
昨年末、胃潰瘍で吐血嘔吐しました。その前の苦しさは一気に解放され、うれしかったことです。しかし、貧血・血圧低下で立てなくなり、救急車で記念病院に行きました。
絶食治療1週間で胃袋が小さくなったようで、ちょっと食べすぎ・飲みすぎで、胃痛・吐き気を感じます。苦しい時には、昔のように、指を口に入れ吐きます。固形物は下に溜まり、上部は液体で、吐くものは水分のみです。
吐く時、吐きやすいのは、みかんジュースやおかゆ・おもゆです。吐きにくいのは、牛乳です。胃液で牛乳は固まるので、喉を通る時抵抗感があります。
過食症で食べては嘔吐する女性を、昔、見たことがあります。胃酸の影響でしょう、歯が全部真っ黒で不気味でした。江戸時代の鉄漿(おはぐろ)もその雰囲気かと、納得しました。  暇だから、馬鹿なことを書いています。
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お正月のクールジャパン | トップ | オステオカルシン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL