朝礼の話題

見たり読んだりして、感じたことを朝礼で話しています。この頃は仕事の話は少なくなりました。

体をつくる水、壊す水

2016-10-17 22:49:28 | 21世紀
体をつくる水、壊す水
2016/10/18
 寄生虫博士藤田絋一郎先生の著書です。副題に「10年後に差がつく水飲み ”腸”健康法」と書いてあります。
 表紙には、先生本人の50歳時の写真と、水にこだわりだして20年の70歳の写真が出ていますが、老化の姿は見えません。
 健康には、多種のミネラルが必要ですが、食物成分からミネラルを消化吸収するのは、成分表示のようにはいかない。水に含まれるミネラルはイオンとして存在するので、そのまま大半は吸収されると、書いています。
 日本の水道水は、「大腸菌が存在してはいけない」という基準から、塩素殺菌の程度が高く、人体に入っても腸内細菌がダメージを受けるほど高い。そのため、日本人の平均寿命は世界一とされるが、健康寿命は低い。
 塩素は、水から酸素を発生させ、それで殺菌するけれど、体内での活性酸素発生と同じ効果で、健康には悪い。
 人間に必要なミネラルは、カルシウムだが、牛乳をカルシウム源として学校給食で与えたりしているが、日本人の80%は牛乳消化酵素を持たず、カルシウムの補給はできない。 身体ではカルシウム2、マグネシウム1、の割合が要る。イオン化したミネラルを水からとることは効果的だ。シリカ(ケイ素)も骨・コラーゲンを作るため必要なミネラルだ。
 昔から長寿の村と言われる僻地を調査したところ、彼らの飲み水は理想的なミネラルバランスだった。
 日本で調査し、藤田絋一郎先生は、宮崎県・霧島の水、三重県・奥伊勢の水が最高とおっしゃっています。アマゾンで見ますと、 採水地:宮崎県小林市 霧島山麓・神の郷という水で、成分は次のようです。
シリカ68mg/L、硬度75mg/L、サルフェート31mg/L、バナジウム29μg/L、炭酸水素イオン91mg/L、Ca21mg/L、Mg5.7mg/L、Na8.mg /L、K3.0mg /L、カロリー:0Kcal/100ml
内容量:500ml×24本   アマゾンでは、12L=\2,480 です。
 奥伊勢の水は、同量が\5000で売られています。
 変な固形サプリメントを飲むより、水をこの神の郷に換えれば、より効果的と感じます。 早速注文しましたが、10年つづくかな?
 第1日目に読んだところで勉強した内容ですが、水についての新しい見方が沢山書いてあります。高血圧・心筋梗塞もシリカ水で血管に弾力が出ると改善されるし、脳梗塞・ボケなども改善されるようです。年寄は、水についても勉強しましょう。自分の健康寿命のために。
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 400歳のサメ | トップ | ヒラリー・クリントンの私用... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL