空観方程式

「色」と「空」の一体化によって可視化され、相互作用で共感・共鳴が生じ、新たなる思いや生命力が実体化される。

お互いの存在があって、相互に共生して成り立つように実体化している

2017年06月14日 | 読書・TV感想
AとBの二相を意識したうえで、一体化(境界を無くす)する

空観方程式の例



日本酒の例
糖化と発酵が一体化されて実体化される
(アルコールと味が生まれる)


「たしなむ」とは
酒と文化との一体化、双方があって維持継続する


微生物の有機物分解例
   

腸内フローラとは
「善玉菌」と「悪玉菌」の双方が共存共生して、健康が維持される
(消化・免疫活動が維持される)


おまけ:剛体の運動表現法
重心運動方程式と回転運動方程式の一体化での表現



感想:
二相に分別する意識より、さらに前の状態を目指そうとするのが唯識論
相対的に見ようとする「意識」によって、科学や経済は進歩したが、
代りに物事の本質が見えなくなった。
そこで「空観方程式」によって、見える化しようとする。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「色」と「空」の二相系について | トップ | 二相系との向き合い方 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。