手賀沼日記

手賀沼徒然草

弱い軍艦

2017-06-18 04:53:04 | Weblog
昨日の報道で、「弱い軍艦」には驚いた。
浦賀水道で、米軍フリゲートとコンテナ船が接触したという。大きな被害を受けたのはコンテナ船と思ったが逆だった。

フリゲート(艦)を調べても、各国それぞれ定義が違うようだし、よくわからない。駆逐艦の同類というか近縁らしいが、駆逐艦は昔から速度を上げるために、戦艦や巡洋艦と違って装甲がないそうだ。つまりフリゲート(艦)も、普通の鉄板でできているのだろうか。

速力や攻撃力を重視して、自己の防御力を犠牲にしているのだろうか。ちょっと気になる。

今回の事故は、中・朝のみならず世界中が、注視しているのではないだろうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ちぐはぐ 内閣府・文科省 | トップ | ひげそりは厄介だ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL