手賀沼日記

手賀沼徒然草

鎌倉古道

2017-09-14 06:01:23 | Weblog

手賀沼周辺にも、鎌倉古道が残っている。

鎌倉幕府御家人が有事の際に、「いざ鎌倉」と駆けつけるときに通る道だそうだ。

JR成田線湖北駅近く、旧湖北高校の裏、将門神社からも近いところだ。道は狭く森の中をくねくねと曲がっている。日常生活にはあまり使われないので、もともと通る人は少ない。冬の間は草木も少なく歩きやすいのだが、夏から初秋にかけては、雑草が多く歩きにくい。歩く人もいない。

「夏草や鎌倉古道に人を見ず」

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国立近代美術館で「日本の家... | トップ | どこに売るか、どこから買う... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
手賀沼日記様 (こがら)
2017-09-14 11:47:51
こんにちは。
私の近くにも由緒ある古道がありますが、殆ど荒れていて、とても通れません。
「夏草や鎌倉古道に人を見ず」 は、芭蕉の 「夏草や兵どもが夢の跡」 も連想させられ、うまいです。
こがらさま (手賀沼日記)
2017-09-14 18:23:57
コメントありがとうございます。千葉県北部は江戸に近く、いろいろ古い道が残っています。
俳句を学んで2年の初心者です。おほめいただき恐縮です。例の句は先日の朝日俳壇に初めて入選したものです。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL