手賀沼日記

手賀沼徒然草

近景派と遠景派

2017-05-15 05:15:35 | Weblog
最近多くの方々の、立派なブログを読ませていただく機会が増えた。多くの場合、見事な写真がついている。

そこで気が付いたのだが、近くの花とか動物(猫が多い)を取り上げた「近景派」と、逆に遠方の風景を取り上げた「遠景派」があるようだ。

私は徹底した遠景派、久住連山の記事を見せていただいても、路傍の花といった近くの景色は、ほとんど覚えていない。

一方久住山群のある地点からは、九州の東の端「高崎山」と西の端「雲仙」が同時に見渡せるとか、南麓の九重高原の先に、ぽっかりと浮かぶ「阿蘇五岳」の風景など、よく覚えている。

いずれも50年も前の思い出だ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米国公証人は便利(屋)だった | トップ | 近景派と遠景派―続き »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL