手賀沼日記

手賀沼徒然草

ウオーキングの下見は3回

2016-10-17 09:22:18 | Weblog
私は時々ウオーキングの案内を頼まれる。原則としてすべて引き受けている。ただそのためには事前の調査が欠かせない。

私の場合、下見を3回やっている。下見のポイントはいくつかあるが、トイレがどこにあるか確かめておく。

昨日は11月のウオーキング下見を行った。成田線布佐駅から歩き、利根川を渡り左岸の利根町布川へ。交通の要衝として昔は栄えた雰囲気が残る。江戸時代「利根川図誌」を著した赤松宗旦旧居あとを訪ね、柳田国男記念公苑へ。柳田は兵庫県出身と言われるが、幼少時代にこの地に3年ほど住んでいた。

この地区には、来見寺と徳万寺という大きな寺がある。徳万寺には見るも恐ろしい間引きの絵が秘蔵されている。その後利根川左岸を上流へ、小貝川との合流点を直視して下見は終了。なんの問題もなかった。

唯一の難問は、ウオーキングの都度途中で動けなくなる高齢者が当日参加するかどうか。事前に参加を断るのが最良の対応であろう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 断捨離について考える | トップ | 久しぶりに爽快な朝 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL