手賀沼日記

手賀沼徒然草

電通過労死事件について思う

2016-12-28 09:28:33 | Weblog
約1年前の電通過労死事件は、ついに電通社幹部の書類送検に至った。一罰百戒であっても、きちんと決着をつけて欲しい。

長時間労働とか残業代なしのサービス残業など、我が国で蔓延していると思う。言い方を変えれば、我が国の文化であろう。ただし、誇るべき文化ではなく、「負の文化」だ。

思い出したのだが、私も入社2年ごろ長時間労働を余儀なくされた。上司やその上司に何度言っても、まったく解決しないのだ。むしろ解決する気はなく、問題先延ばしにするのみと思えた。

そこでこのような上司たちとは縁を切りたく、所属部門の変更と転勤を申し出た。数か月後に転勤することができた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 年賀状をやめるとき | トップ | 長時間勤務―私の場合 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL