手賀沼日記

手賀沼徒然草

東京インターナシヨナルオーデイオショウ 2016

2016-10-01 06:14:06 | Weblog
昨日始まった東京インターナシヨナルオーデイオショーを参観した。

世界中のオーデイオ名機が集まり、愛好者には見逃せないだろう。初日の午前中なので、それほど混雑していなかった。
メーカーの人たちにとっては、これから1年商売につなげたい、大事な機会なのだろう。

1 スピーカーを中心に興味のある機器は多いが、買いたいものはない。機器の高額化は驚くばかり。これではオーデイオ趣味は滅びるのでは。こんなのもあると、見て歩く限りは楽しいが。

2 昨年も書いたのだが、女性参観者が増えた。オーデイオは男の趣味と言われて久しいが、ここにも女性の進出がある。

3 いろいろ関心のある機器は多いが、参観時にすべてを聞けるわけではない。たまたま昨日聴けたもので印象に残ったのは、スピーカーFranco SerbrinのKtemaであった。Franco Serbrin氏はなくなられたが、非常に魅力のあるスピーカー、値段が高いのが玉に瑕。

10月2日まで、東京国際フォーラムで開催される。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 手賀沼地方に異変 | トップ | 手賀沼に秋の桜が咲いている »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL