手賀沼日記

手賀沼徒然草

弱い軍艦―続き

2017-06-20 07:02:00 | Weblog
先日の米軍フリゲート艦の衝突問題は、さらに深刻なようだ。

衝突の相手であるコンテナ船には大したことはなく、被害はフリゲート艦に集中したらしい。構造上の重大な欠陥があるのか。

一方この事故を知り、にんまりしている国があるそうだ。米国とは非友好的かつ対立的な諸国である。フリゲート艦に対抗するには、決死隊を用意し、とにかく衝突すればよいのだと思っているのではないだろうか。

早速南沙群島で、何か起こるのではと予想する人もいるそうだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ひげそりは厄介だ | トップ | 手賀沼地方に梅雨が来た »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
手賀沼日記様 (こがら)
2017-06-20 07:51:51
お早うございます。ご訪問ありがとうございます。
アメリカのフリゲート艦のことが話題になっていますね。あれがコンテナ船とぶつかって沈没しかかったというので、世界中を闊歩して力を誇る国にしてはと意外に思いました。
びっくりものです (手賀沼日記)
2017-06-20 10:04:26
こがらさま。
手賀沼周辺には、いまでもいたるところに葦が見られます。

常磐線我孫子駅から10分足らずで、手賀沼公園、さらに5分で白樺文学館と志賀直哉旧居です。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL