手賀沼日記

手賀沼徒然草

近景派と遠景派―続き

2017-05-16 09:35:04 | Weblog
昨日の続きだが、近景派の人は近くの1-数輪の花を重視するのだろう。これに対し遠景派は花の群落を重視するのではないだろうか。例えば近くの数輪のミヤマキリシマよりも、山全体を覆う群落を。

近景派が近くの1-数本の木を重視するのに対し、遠景派は森を好むのだろう。

両派の間には、数々の分派がありそうだ。どちらが良くて、どちらが良くないという性格のものではないが、私はかなりの遠景派であるようだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 近景派と遠景派 | トップ | トランプはいつまでもつか »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL