GO!GO!マリーン・ディズ

ロッテマリーンズを中心にした野球の話題や日記など

ウェルカム トゥ マリーンズ

2017-07-29 21:09:14 | 日記
 皮肉かもしれないが。今日のロッテの試合を見て、改めてロッテだなと思った。伊達に30近くも借金していないと思った。今日の西武との対戦の負けで、60敗目。そういうチームがロッテだという感じだった。9回は重いものだった。6点を跳ね返す展開に追い込まれた。でないと負けしかなかった。で、あっさり2アウトを食い、万事窮すという展開で、ペーニャが打席に入った。ランナーがいたが。仕事してくれるのか?そういう疑問はあったが。もうどうしようも仕方ない感じだった。ZOZOマリンも重いものだったと思うが。このペーニャが安打を放つ。それで、ロッテは1点もぎとる。最後のあがきであり、意地だったと思う。やっぱり6-0で終わるのか6-1で終わるのかでは違うものだった。ひとつ溜飲をさげた。悪くないと思った。あと今日は、二木が先発で、相方は、田村龍弘。このコンビがいいと思った。二木は、マウンドを降りるときは、危機的状況だった。1アウトで満塁だった。もう降りてくださいという感じだった。7表だったが。そこまでは、1失点で食い止めた。二木の投球も完璧に近いし、ロッテ守備陣も頑張ったもの。二木も勝ちたい思いだったと思う。でも、一矢報いることできなかった。松永がマウンドに登ったときは、もうどうにもならない状況だった。二木にも負けがついたろうか。打線として、頑張ればということも感じたが。さらに新人の有吉が登板したときは、傷口が広がっていた。こんな状況で、有吉をあげたいと思わなかったと思うが。苦しいゲームだった。でも、これもロッテだと思う。連敗もいつかは止まるし。そこまで根気ないとロッテは応援できないし。ようこそロッテへ。そういう気持ちだった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« かなしい~というべきか、ま... | トップ | 好きな選手 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。