ラストサムライ(コーヒーで描く珈琲画)

2009年01月26日 13時14分14秒 | イラスト・水彩画・素彩画など
「月一枚の絵」、二月分?(笑)の一枚です!
インスタントコーヒーで描く珈琲画(Coffee Art)、
第二段です!!

(アルシュ紙にインスタントコーヒー)

今回も映画シリーズ、
「ラストサムライ」トム・クルーズです!
あのインパクトのあったポスターを描いてみました。

この映画、娘と観に行ったのはもう5年前の2003年12月。
↓その時の写真ですが、左から二番目のポスターがこれです!
(左から、小雪、トム・クルーズ、渡辺謙、真田広之です)

珈琲画にするには、既にポスターが同じような雰囲気をかもし
出しているし、二作目となるとコーヒーの癖もだいたい判って
きてるので、描きやすかった!

↓光に照らしてみると、このような光沢感です
明るいところは殆ど紙の白を利用しますが、濃いところは
ご覧のように盛り上げて塗りますので独特の艶がでます!

珈琲画はやっぱり、原画の魅力が強い絵ですね!
大事に使い込んだ、アンティーク家具をも思わせるような
このコーヒーの艶はなんともいいものです!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゴシック面相筆

2009年01月24日 12時58分34秒 | その他いろいろ
金盛堂ゴシック面相筆8号、買いました(画像上です)。
0号から8号までありますので一番おおきい奴です!

30年以上、この筆シリーズ オンリーです。
いい筆です!

この8号筆なんと一本、7620円もするんですね
でも、その価値は十分納得できる使い安さです!!

どさっと束にして入れているのは、使い古したゴシック面相筆です。
これはこれでまだマスキングインク用に使えるんですね(笑)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水彩画その2(透明水彩・風景画)

2009年01月19日 08時21分36秒 | イラスト・水彩画・素彩画など
引き続き~、その2です!
「月一枚の絵」昨年10月に描いたものです。
「水彩画その1」とはあえて対象的な題材にしてみました。
こちらは透明水彩で描いてます。


自宅団地を東に降りた「田舎道」です!

やや逆行ぎみの光と影&コントラストの表現を
テーマに描いてみたつもり?です。
あとは遠近による空気感みたいなものも
出したかったねらいのひとつです!

↓ちょっとズームアップ!
細かく描いているようにも見えますが、そうでもありません。
省略するところは、いかに「らしく」見せるようにするかが
ポイントなんですね!
これは仕事の絵でも共通してますね(笑)。

仕事がらでしょうか、
このようにパースペクティブのきいた構図は大好きです(笑)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

水彩画その1(建築パース?)

2009年01月17日 08時53分21秒 | イラスト・水彩画・素彩画など
「月一枚の絵」ですが、
昨年9月に描いたものです!

オール手描き水彩(不透明水彩ガッシュ)です!
ご存知、「香港の夜景」

夜景(外観・内観)の手描きパースは仕事でもかなり描いてきました
が、ちょっと今までの画材スタイルを変えて描いてみました。
紙の白を利用して描く水彩画と同じように、夜景の場合は紙の黒を
バックに利用した方が塗り込みの手間が省け楽に描けます。
仕事では今まで黒系のボード(クレセントやミューズなどなど)を
使っていました。
でもどの紙も同じ種類の白系と比べるとはるかに紙質が弱い!
毛羽立ちもするし表面が剥がれたりもします。
そこで、無いものは作りましょう(笑)!
水彩なのでバックの黒が溶け出すと描き辛い、かと言ってガチガチの
耐水にしてしまうと吸水性がなくなりこれまた塗り難い。

紙はクレセトボードNo.310(白の中目)を使用です!
刷毛で縦横に何回か塗り重ねます。

さて、この後をどうしたものか?と悩んだところです!

仕事で使っている定着系のスプレーでいろいろ試してみました。
1.トリパブA
 ポスターカラーの定着液です。
2.トリパブC
 こちらもポスターカラーの定着液ですが、完全耐水です。
 コート後さらに加筆する場合は絵の具がはじくのでトリパブAで
 弾き止めが必要です。
3.フェキサチフ
 木炭・鉛筆・パステルなどの粉系にむいている定着液です。
4.UVグロスバーニッシュ
 水彩画やインクジェット出力紙などの紫外線による褪色を抑えたり
 保護ワニスとしても使えます。

で、いろいろな組み合わせを試してみましたが!
はっきり言って、どれがむいていたのかがわかりません(笑)
結局今回はフェキサチフのうえトリパブAを吹きつけ「自家製
黒ボード」の出来上がり、としました!

後は写真を見ながらどんどん塗りこみをしていくわけですが、
色調はやっぱり絵なので、やや派手目にしてみました。
実際はこんな色ではないかも?しれませんね!

「目は見えない、根気は続かない」で
こういった絵は10年前の方が仕上がりが良かったと思う?(笑)
大きく描けば描きやすいのですが、今度は労力がついていきません。
結局この絵も実画面A3程度で描いたわけなんですが!!


--------------------------------------------------------------------------
余談!

トリパブCは昔手描き原画提出の時に画面にコートして提出して
ました。 
コピー時などにも絵が傷つきにくく、少しの雨に濡れたくらい
では平気です!
でも提出先で変更などがあった場合はトリパブAを持っていって
ましたね。

UVグロスバーニッシュは以前インクジェット出力提出の時、紫外線
による褪色を抑えたいため吹いていました。
ただ色調が深まる為、何かの時に再度出力した時など以前の色調と
違ってくるので最近はあまり使ってません。
あっ、この間の珈琲画に使いましたね(笑)

フィキサチフは30年ほど前よく使ってました。
ペン画の淡彩スケッチを描く時なんですが、当時はまだ耐水性の細い
サインペンがありませんでした。
ロットリングを使うと時間がかかる為、黒インクでの付けペンです。
水彩で着色時、そのままだとインクがにじむためこのフィキサチフを
吹いてました。
紙は木炭紙です、このちょっとざらっとした感じが大好きです。
最近ほとんど使う機会がありませんが、MBM木炭紙は今もマップケース
の中にはいっています。
今このフィキサチフは線画の淡彩(コピー機で線画を焼き付ける時など)
時のトナー定着に使ってます!
-------------------------------------------------------------------------

・・・・・・その2 も ありますが また
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

form・Z GIレンダリング遊び?

2009年01月16日 08時37分47秒 | 建築パース作品など
昨年、時間をみて遊んでいた事です

form・Z V6.5(一年ほど前)からアンビエントオクルージョン(AO)
&ファイナルギャザリング(FG)機能が搭載されました。
今使っているのがV5.0.4なのでもうかなりバージョンアップしていません。
実際うちが使う程度では今ので何の支障もないのですが(笑)。

モデリング機能では定評高いform・Zですが、レンダリングに関しては
どうも?と言う声をよく聞きます。
既にGIテストをされている記事も拝見しましたが、やっぱりどうも?
と言う感が強いみたい!
 
Photoshopでのレタッチ作業がすこしでも楽になればいいのだが、と
思い私もちょっとGIテストではなくGI遊びをやってみました。
私が3Dを語る?なんて自分でもおかしいのですが、せっかく試した
ので覚え書きと言う事で書き留めておきます!
こんな次元の低い話をと笑ってやって下さい(笑)。
モデリングは私の担当ではありません(と言うか殆どできません)、
私の担当はアングル出し以降&色や質感設定など、と言う事は
レンダリングに関しては自身でも覚えていかなくてはいけない分野
なので仕方なく?

バージョンアップ、するかしないかわからない為、とりあえず
V6.5.6DEMO版をダウンロードしました。
DEMO版なので保存ができない為、レンダリング画像はコピペです!

まず
アンビエントオクルージョン(以下AO)とは
環境光(アンビエントライト)による陰影を疑似的に作成するもの
らしい。
早い話、入り隅に陰影がつきます。
そして
ファイナルギャザリング(以下FG)は
オブジェクト間の相互反射を表現することができるみたい。
これを使うと反射するので全体的に明るくなります。

複雑な設定があるのかと思っていましたが、えっこれだけ?
と言うくらい少なかった。

------------------------------------------------------------------------ 

↓で、まずデフォルトのままでスイッチをオンするだけでやって
みました。
設定が「部屋」となっているので室内パース設定ですが、時間を
みる為のものなのでそのままでレンダリグをかけてみました。
仕事の時はいつもレイトレではなくZバッファ+スパーサンプリング
でレンダリグをかけております。
大きさはだいたい5953×4209pixel(A3の大きさで360の解像度)です。
うちレベルだとスーパーサンプリングをかけても5分~30分程度で
しょうか。
今回はレイトレやスーパーサンプリングだと時間がかかる為、
Zバッファのみでやってみます!

Zバッファのみだと1分30秒が、AO+FGだと34分30秒もかかりました。
「部屋」(デフォルト)の設定になっているので入り隅の影の距離が
短いですね!

--------------------------------------------------------------------------

↓そこで実際にAO+FGの設定をいろいろかえて試してみました。
(時間がかかるので上部のみレンダリング)
この画像では見づらいのですが、設定項目が後でわかるように
デフォルト値からの変更部分に印をつけております!

いろいろやってみてなんとなくわかった事、
AOの入り隅の陰影は太陽光(平行光)の設定には全く関係がないと
言う事!AOは環境光による陰影を疑似的に作成するのだから当然?
なのでしょうか。
つまり、太陽光が上から当たろうが下から当たろうが同じように
入り隅に陰影がついています。
床&壁の入り隅と軒裏&壁の入り隅につく陰影が同じと言うのも
変な感じ、やっぱり光が当たるところの入り隅の陰影が濃いと
不自然だし汚れているようにも見えます(笑)。

--------------------------------------------------------------------------

↓と言う事で今度は見えている入り隅側が影になるように太陽光を
逆にしてみました。(下図の方です)
見えている入り隅は全て影になるのでこちらならかなり自然に
見えます。

平行光を当てる向きは、通常方位や建物形状によって決めています。
私の場合、実際の仕事での比率は
上図(95%): 下図(5%)くらいの割合でしょうか。
(一点透視の場合はその両方がでてくるのですが)

では下図のように逆から平行光を当てた実際の物件でもテスト
してみましょう!

--------------------------------------------------------------------------

↓実際に描いた(逆から平行光を当てた物件)2点からです。
 実際レタッチして使ったものと比較してみましょう!

①が通常のZバッファのままです。
 影になっている部分と影が落ちた部分が一緒になって区別が
 つきません。
②AOとFGにチェックをいれるだけでこのようになります。
 影部分の表情ががらりと変わってきます。
そして、各々一番下の画像が実際のパースのもので、二次元で
PHotoshopによるレタッチです。

AO+FG、影がほしくない入り隅にも陰影がついたりもしていますが、
スイッチオンだけでこの程度まで出来ればその後のレタッチ作業も
かなり楽になるかも?
乗算でのせてあげるやりかたにすれば、後で濃さの調整も簡単で
また邪魔な陰影はマスクでうすくしてやればいいし、陰影の弱い
ところは別レイヤでさらに乗算でのせてあげればいい!


--------------------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------------

現時点で思った事!
いつも多くやっている平行光の向きの物件だと、やっぱり
手作業でレタッチを入れたほうが私の場合はあっている!
が、逆から平行光をあてる物件だとGIを使ったほうが後の
レタッチ時間が相当楽になるので使ってもいいかなとも思う!!
まぁ、これもレンダリングの待ち時間との兼ね合いでしょうか(笑)。
何れにしてもまだ当分の間はPhotoshopでレタッチしまくりの
パースが続きます!

--------------------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------------

おまけ
今回よくわからなかった事?
隔て板の上部が明るく反射したようになっている。
FGの反射が関係しているのかと思い、AOのみでレンダリングを
かけてみたがやっぱり同じようになってます!
何ででしょう??

--------------------------------------------------------------------------
以上、覚え書きでした(笑)

CGネタが続いてますので、そろそろ手描きネタもアップ予定~!
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

今日はいい天気!

2009年01月13日 12時37分10秒 | その他いろいろ
昨日の雪はもう殆ど残っていません。
中央公園展望台の写真資料が必要になり、午前中写真を撮りに
行ってきました!
いつもなら車で展望台の駐車場迄上がれるのですが、なんと
今日は休館日だとの事で、進入路入り口にバリカーがかかり
車で上がれません^_^;
仕方なく車は下の駐車場に置いて、歩いて上がる事に!
疲れました!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雪!

2009年01月12日 10時04分55秒 | カー&バイク

自宅を出る頃から、また降り始めた雪!
事務所まで数百メートルですがやっぱり車で行く事に(笑)
途中で66666kmに!!

タイヤはノーマル、
帰りは歩き?にならなければいいのですが!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

またまた建築パース(CGパース)です

2009年01月10日 09時12分26秒 | 建築パース作品など
ワンルームマンションです!
描法はform・Z+Photoshop!!

↓で、こちらが内訳~!

そう言えば昨年、このデータなどでform・ZによるGIレンダリング
遊び!もしていたのでまた後日アップします!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

またまた「ひかり電話」

2009年01月09日 15時20分08秒 | その他いろいろ
一日に2度ブログをアップする事はないのですが。
今日はまたまた「ひかり電話」で大迷惑!
11時前頃ネットを使い作業をしていたら急に出来なくなった。
データの更新は少し前にしていたので被害は少なかったが。
携帯電話から事務所にTELしてみると繋がらない。
どうも「ひかり電話」が原因らしい。
自宅に帰りネット(事務所とは違う地元のケーブル会社)で
NTTの情報を調べてみたが得に障害は発生していない。
NTTに電話で問い合わせをしてみると、すでに同様の
問い合わせがきていると言う。
その後NTTから携帯に連絡があったが、原因はまだ
解らないとの事で、しばらく待ってみる。
宅内だけで障害を生じているのか又は複数で起きているのか
ぐらいかは少なくとも早く知りたい。
同様の問い合わせがきている事実があるなら、原因が特定
できないしてもなんらかの情報はすぐに流してほしいものである。

実は今、3事務所へ現在進行中の物件の質疑の回答やデータ
待ち&連絡待ちをしているところである。
連休前の日とあって連絡が入る可能性が非常に高い。
TEL・FAX・メール全て使えないのでお手上げ状態。

12:48やっと情報がでた(自宅でのネット)。
原因はまだ不明、障害はこの近辺だけらしい。
この情報によると発生日時は11:50?
えっ、一時間ほど遅いが!

14:00
昼前から電話をしているが繋がらないと言う事で、現在進行中物件の
設計事務所の方がわざわざ打ち合わせに来て下さりました。
ちょうど打ち合わせの途中にNTTから事務所TELに回復の確認&
お詫びの連絡がはいってきました。
そのすぐ後から携帯の方にも連絡がありました。

何年か前のおそまつな対応よりはまだよかった。
が、
電話をかけ繋がらない時に流れるテープのメッセージ、
「おかけになった相手先電話の電源が切られているか、又は・・・」
はやっぱりおかしい!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

また建築パース(CGパース)です

2009年01月09日 08時34分38秒 | 建築パース作品など
公営住宅です!
描法はform・Z+Photoshop!! 

↓で、こちらが内訳~!

--------------------------------------------------------------------------
おまけ!
実画面A3提出(アルミ額は大衣≒A2くらい)です。
実際の出力では細かな部分は殆ど見えにくくなってきますが、
データ提出も兼ねる為PC上で見ると細部まで拡大して見る事が
できてしまいます。
手描き原画提出の時はその描く大きさによって描き込み密度を
変える事で対応してきましたが。
データ提出となるとチェック時も拡大して見るだろうし、
後で大きく出力する事も考えられます。
その物件に対してどの程度まで作りこみをするか?
そのさじ加減が悩むところです(笑)

ローカ側アングルはバルコニー側に比べ単調になりやすいので
メーターボックスのSDなどもちょっとそれらしくする必要も!

桜並木のあるロケーションなので添景も賑やかにしてみました!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加