渡辺敏光の平塚ブログ

日本共産党の平塚市議会議員です。

豊洲市場移転は、国民の健康維持にとって危険

2017年04月19日 | 市議会
豊洲「地上は安全」論は成り立たぬ。元日本環境学会会長の本間慎さんは語っています。
地中に多量の有害物質残存、地下空間でガス発生も確認されています。水産物や農産物を扱う食品市場、ここでの土壌汚染は、国民の健康に即響いてきます。地下水モニタリング調査ではベンゼンが最高79倍、シアン化合物やヒ素が59か所で環境基準を超えました。専門家会議の平田健正座長は想定外だと語りましたが、それでも地上は安全だと言います。施設の地下空間には気化した水銀、ベンゼン、シアンを含むガスが発生しており”リスク“を認めています。
日本共産党都議団は、現存の築地市場の整備を求めています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 戦争は、教室から始まるー教... | トップ | 森友疑惑ー疑惑隠しは許されない »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。