渡辺敏光の平塚ブログ

日本共産党の平塚市議会議員です。

文部科学省前事務次官が、赤旗に文書回答

2017年06月20日 | 市議会
”国民に実情を知らせるべきだ”
安倍晋三首相の友人が理事長の学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画を巡り、文部科学省は『総理の御意向』などと記した内部文書を同省が作成したことを認めました。『怪文書』と存在を否定して来た安倍政権は釈明に追われています。内部文書を『本物』だと証言して来た文科省の前川喜平前事務次官が19日までに、本誌の取材に、弁護士を通じて書面で回答しました。一部を紹介します。

「もともとあった文書が『あった』と確認されたのは当然のことですが、この間文部科学省の中で多くの人が苦しい思いをしていることには、大変心を痛めています。松野博一文部科学省大臣は苦しいお立場の中で、職員の事を想いつつ、精一杯の誠実な調査を実施されたと受け止めております」
「文部科学省の後輩が、筋の通らない仕事をさせられ、あったことをなかったことにさせられているのを黙って見ていられなかったこと、そういう実情を国民が知るべきだと思ったことが動機です。』と述べています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 改憲に神社も本腰ー戦争法を... | トップ | 小池都知事の、豊洲へ移転の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。