渡辺敏光の平塚ブログ

日本共産党の平塚市議会議員です。

世界が批判 暴走トランプー安倍総理はトランプにべったり

2017年02月12日 | 市議会
トランプ米大統領による、中東アフリカ7カ国出身者や難民の入国を禁止する大統領令に、世界中から批判の声が上がっています。そのなかで、同大統領を天まで持ち上げる安倍晋三首相。10日の日米首脳会談では「安倍外交」が問われます。
 入国禁止の大統領令には米国の同盟国であるG7「主要7カ国首脳会議」のイギリス、フランス、ドイツ、イタリア、カナダの5カ国首脳が批判や懸念を表明。国連事務総長も「撤回」を求めています。米国以外のG7首脳で、批判や懸念を一切、口にしないのは安倍首相だけです。同大統領令が発表されたのは1月28日、その深夜にトランプ氏と電話会談した安倍首相は大統領令に言及しないばかりか「トランプ大統領のリーダーシップによって、米国がより一層偉大な国になることを期待していると」エールをおくりました。
 共産党の志位委員長は、大統領令について「国際的な人権・人道法に反するとともに、テロ根絶の国際的取り組みにも逆行する」と指摘。
コメントを控えるという安倍首相の姿勢を厳しく批判し、国際的道理に立ち、言うべきことは言う外交に転換すべきと述べました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 福島原発事故の6年後 | トップ | この蜜月は異常で、危険すぎる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

市議会」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。