渡辺敏光の平塚ブログ

日本共産党の平塚市議会議員です。

共謀罪法案ー国会で審議入り

2017年04月06日 | 市議会
心までしばる共謀罪法案―テロ対策は口実                                             共謀罪「組織犯罪処罰法改正案」は、市民が法律に違反することを話し合うだけで、処罰できる言論取締法です。。
近代刑法では、実際に法律に違反する行為を実行しない限り、人は処罰されません。
安倍政権は、オリンピックの開催で、テロを防ぐためと言いますが、現行法で、十分対応できます。法案は、国民の日常的な会話や、メール、電話などの盗聴を合法化し、国民を監視するものです。
 安倍政権は、特定秘密保護法、戦争法に続き、今国会で共謀罪法を成立させようとしています。まさに戦争する国づくりといえます。
この共謀罪、対象は「組織的犯罪集団」だから、一般の人は対象にならない、と言いますが、国会では法相が、ある団体が犯罪を目的にする団体に一変し組織的犯罪集団になる、その判断は「捜査機関」と答弁しています。これでは対象が無限定に広がる危険性があります。
国民の内心を処罰する危険な共謀罪は、絶対に成立させるべきではありません。共謀罪は、過去に3回も廃案となっています。今回も廃案させましょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 貧困と格差が拡大ーもはや許... | トップ | 時局対談ー市民の会主催に参... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

市議会」カテゴリの最新記事