渡辺敏光の平塚ブログ

日本共産党の平塚市議会議員です。

熊本地震、半年で4000回ー鹿児島川内原発は、危険に

2016年10月14日 | 市議会
熊本地震の活断層近くにあると言う 川内原発に対し、鹿児島県知事が、再三にわたって、稼働停止と再点検、避難路の確保問題について申し入れているにもかかわらず、九州電力や政府は応じようとしていません。地震列島で相次ぐ地震、と急増する地震を考える時、もはや、日本では、原発は極めて危険な状況になっています。事故が起きれば、付近住民は放射能を被爆するわけで、福島事故も、その後の被爆者の状況を政府も、マスコミもダンマリです。被爆するということは、大変なことだという認識を持っているのでしょうか。福島の原発事故の後、アメリカ海軍の艦艇が、"ともだち作戦"として、福島支援に行きましたが、危険ということで、すぐ撤退したことを覚えていられましょうか。その艦艇の乗組員も被爆したとのことですが、その後の経過はどうなったのでしょうか。
原発事故は、日本人がこれから国内で生きて行く上で、極めて危険であることを関係者はご存知なのでしょうか。電力会社に雇われた御用学者や政治家は、日本の将来に責任はないのでしょうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アベノミックス不況深刻 | トップ | 貧困や孤立、居場所消失ー困... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。