渡辺敏光の平塚ブログ

日本共産党の平塚市議会議員です。

沖縄は、米軍の占領地なのか

2016年05月25日 | 市議会
祭壇に飾られた女性は、ピンクのドレスに王冠を模したティアラをつけ、微笑んでいました。「彼女の笑顔を、忘れないでください」 涙で、途切れる父親の挨拶に告別式は深い悲しみと怒りに包まれました。
犯行の卑劣さが明らかになってきた沖縄の女性遺体遺棄事件。逮捕された元米海兵隊員の軍属の供述によると、ウオーキング中の女性の頭を背後から棒で殴り、草むらに連れ込んで乱暴。首を絞め、ナイフで刺し殺したと。
容疑者は乱暴する相手を車で探していたと言います。傍らでうごめいていた残忍な悪意。自分が被害者でも不思議はない、娘や孫が同じ目に会っていたかもしれない痛みの共有は沖縄の苦難の歴史に重なります。
翁長知事は「大切な人の命と生活を奪われたうえ、差別に寄って尊厳と誇りを傷つけられた人々の心からの叫び」だと話しています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

沖縄県民、女性暴行事件に抗議する10万人県民大会開催、6月19日―沖縄自民党は不参加か?

2016年05月24日 | 市議会
元米海兵隊員による沖縄女性暴行殺人事件を受け、辺野古の新基地に反対する市民団体や政党、企業で構成する「オール沖縄会議」は、23日、事件に抗議する大規模な県民大会「元米兵による残虐な蛮行糾弾! 犠牲者を追悼し米軍基地の撤退を求める集会」を、6月19日那覇市で開催する事を確認しました。
基地がある限り、繰り返される。県民は大きな怒りを結集していこうとしています。
自民党の安倍総理は、「米軍兵士の綱紀粛清を要望する」ばかりで、何ら行動する気はありません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あさか由香さんが訴えています。

2016年05月23日 | 市議会
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

早く帰って、子供の顔が見たい。働く若いママ

2016年05月22日 | 市議会
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

沖縄の元米兵による婦女暴行殺害事件ー米軍犯罪もう眼界

2016年05月21日 | 市議会
10年で、米軍犯罪500件、これは基地あるが故の犯罪、事件であり基地のない平和な沖縄を造ることが米兵による犯罪、事件の防止に向けた最も有効な解決策である。米軍司令官は、「深く謝罪する」と言い、安倍総理は、「怒り心頭」と言っているが、10年で500件の犯罪は増え続け、女子暴行事件は、今も無くならない。基地は、簡単に撤去出来ます。それは安保条約を国会で破棄を決め、1年前にアメリカに通告する事で無くなることになっています。安保条約が無くなれば、基地も無くなります。日本政府の屈辱的な対米従属の結果です。フイリッピンでも、そのようにして、米軍基地を撤去しています。
安倍総理は、口だけで、全くその気が無いと言えます。
女性暴行事件は、日本国民に対する侮辱であり、日本人を人間として扱わない、アメリカの政策です。日本人としての誇りはどこに行ったものでしょうか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

沖縄、元米兵海兵隊員を逮捕ー不明女性(20歳)の遺体遺棄容疑

2016年05月20日 | 市議会
沖縄県うるま市(嘉手納基地近く)で、4月から行方不明になっていた女性会社員(20)の遺体を遺棄したとして、県警は19日午後嘉手納基地で働く元海兵隊員を遺体遺棄容疑で逮捕しました。県警は、殺人・遺体遺棄で捜査しています。沖縄では、年間30数件の米軍兵士による犯罪が起きています。1995年には、米軍兵士による少女暴行事件が発生しています。米軍は、沖縄の基地を200年以上維持していく方針を示していますが、これではたまりません。
共産党沖縄県委員会は「平穏に暮らす女性を襲い死に至らしめ夢と希望を奪った事件に満身の怒りを持って抗議する。戦後71年復帰44年を経て基地あるが故の事件・事故は後を絶たない。県民の苦しみの元凶である米軍基地は、撤去しかない」とするコメントを発表しました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月参院選挙に行こうよー国政私物化する雑草たち引きぬこう!

2016年05月19日 | 市議会
今日の赤旗日刊紙の記事の一部をを紹介させて頂きます。

「みなさんに質問があります。この国は誰のものですか?」
「答えは明確です。この国に暮らす人々、みんなのものです」
「選挙においては有権者です。そのことは、日本国憲法に明記されています。主権在民、この国の主人公・持ち主は、私たち国民です。ここは私たちの国です。政治家と言うのは、マンションの管理人の様なものです。政治と私たちの暮らしを修繕しながら維持していくシステムです」

「今大変な事が起きています。私たち国民の委託を受けた管理人である政治家が、好き放題を始めてしまったのです」
「日本国憲法の制限を無視し、縛られるべき管理人が勝手に都合の良い憲法に書き換え、主人を縛ってしまえとたくらんでいるのです。戦後70年のほとんどを自民党と言う管理人にお願いしてきました。それはあまりにも長すぎました。私たちはいつまでも、この傲慢な管理人を許しているのでしょうか」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月さんいん選挙に行こうよー国政私物化する雑草たち引きぬこう!

2016年05月19日 | 市議会
今日の赤旗日刊紙の記事の一部をを紹介させて頂きます。

「みなさんに質問があります。この国は誰のものですか?」
「答えは明確です。この国に暮らす人々、みんなのものです」
「選挙においては有権者です。そのことは、日本国憲法に明記されています。主権在民、この国の主人公・持ち主は、私たち国民です。ここは私たちの国です。政治家と言うのは、マンションの管理人の様なものです。政治と私たちの暮らしを修繕しながら維持していくシステムです」

「今大変な事が起きています。私たち国民の委託を受けた管理人である政治家が、好き放題を始めてしまったのです」
「日本国憲法の制限を無視し、縛られるべき管理人が勝手に都合の良い憲法に書き換え、主人を縛ってしまえとたくらんでいるのです。戦後70年のほとんどを自民党と言う管理人にお願いしてきました。それはあまりにも長すぎました。私たちはいつまでも、この傲慢な管理人を許しているのでしょうか」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

原発の耐震性に懸念―”繰り返し地震動””震源移動”考慮せずー川内原発

2016年05月18日 | 市議会
熊本地震は発生から1か月過ぎ、これまでの日本の災害対策では想定されていない活発な余震活動などが確認されています。震源から80キロには九州川内原発が全国でただ一つ稼働を続けており、地元をはじめ全国から運転を止めてと言う声が上がって居ますが原子力規制委員会は安全上の問題があると判断していないと主張しています。熊本地震の実態から、原発の規制基準の問題点がさらに明らかになってきました。
 熊本地震では、4月14日のM6.5の地震に続いて16日のM7.3の地震が発生、人が感じられる余震はすでに1400回を超え内陸地震で日本の観測史上最多だった2004年の中越地震を上回る余震が観測されています。さらに4月16日以降、活動は広域化。九州を横断する120キロを超える地域で震源が移動しています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

参院選統一候補実現27選挙区に―全選挙区1人区は、32-残り5選挙区

2016年05月17日 | 市議会
残りの選挙区は、岩手、香川、和歌山、三重、佐賀となっています。岩手は18日に最終的な話し合いが行われるそうです。香川では、小池書記局長が、共産党の候補を推薦しています。全選挙区で決まるのもあと一歩です。全選挙区での野党統一候補の実現で、戦争法廃止の国民連合政府が見えてきました。全国の市民と各野党の一層のご尽力をお願いしたいものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加