わたきょんの観劇(感激)日記

日常生活や芝居についてのあれこれ

ライ王のテラス

2016-11-02 22:39:45 | 観劇

ライ王のテラス
2016年3月17日 赤坂ACTシアター

作:三島由紀夫
演出:宮本亜門
出演:鈴木亮平、倉科カナ、中村中、吉沢亮、大野いと、神保悟志、鳳蘭、芋洗坂係長、澤田育子、市川勇、市川しんぺー、BO Ratha、Chumvan Chamroeun Tola、Chy Lina、Khon Chansina、Khon Chan Sithyka

実在したカンボジアの王様をモデルにした、三島由紀夫の最後の戯曲だそうです。

カンボジアの人の踊りと演奏が、赤坂ACTシアターからカンボジアに連れて行ってくれました。

言葉が難しい。
耳で聞いていても、なかなか理解できない。
考えていても、次々とセリフが続くので、置いてきぼりになっちゃう。

ライになった王が、どうしてそこまで観世音菩薩にこだわるのか…
肉体が朽ち果てても精神は残るならば、具象化する必要があったのか…

やっぱり三島由紀夫は難しい。




blogランキングに参加してます。
よろしければクリックをお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓  
人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン
PVアクセスランキング にほんブログ村

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 梁の家でランチ | トップ | ビストロ シェ リキ(Bistr... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

観劇」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。