watabatakeのブツブツ

watabatakeの日記っす
日々思う事をブツブツと
【Twitterばかりっすね】

運動会

2008-09-29 | Weblog
早いもので長男の小学校の最後の運動会でした。

ヤボ用で予定より少し遅刻。席取りでもう何組も並んでいる。

おやじの会は、今年も警備他お手伝い。
今年は、一応、ちゃんと並んでから作業をするよう連絡していたのだが、
私が行ったときには、校庭の準備に入っていた。
金曜日、昼からの雨で準備が遅れていて、学校側から依頼されたか?
自主的に動いたか?
リーダー格のわしは、それでも並んでいようかと
悩みながら、積極的に動きまわるメンバーの姿の方が魅力的で...

やがて、入場。子どもたちも登校してきていよいよ運動会の始まり。
校門前の警備。自動車や喫煙のマナーが徹底されてきている。

自動車の導線を少し考えないと....

あいにくの曇り空、しかも肌寒く。それでも日曜日開催は、
土曜日開催よりギャラリーが多い。

プログラム片手に校門警備。こどもの出場の時には、
互いに声をかけあって応援に駆けてゆくおやじたち。

PTA競技は、毎年2種+6年生の保護者は、子どもとの競技もあって。
まずは、校区を北と南に分けてのつなひき。
すごいことを発見した。校庭を南北方向で綱を引くのだが、
北側に向かって軽く下りになっているようで、北側から引くほうが
必ず勝つことを発見。おかげで勝たせてもらった。

嫁さんの山盛りお弁当をいただいて、昼からの競技。

応援合戦。長男は、旗持ち、がんばって応援している。
続いて6年生と保護者の二人三脚。人数のかげんで2回走る組が3組。
しっかり組み込まれていた、我が家。なんとか、こけることもなく完走。

次男の学年のよさこいソーラン、そして長男の学年の組み体操。
毎年感動するのだが、自分の子は、なおさらで。
6年なんてあっという間だよな。

小雨が降ってきたので早々に終了。
おやじたちは、どんどん片付けに入っている。

6年前は、上級生の子どもたちが中心に片付けていて
古いテントにてこづっていたのを見かねて手伝っていた。

初めての運動会だったから、後片付けは手伝わないほうが
いいのかと躊躇しながらだった。

年を追うごとにおやじの会のメンバーがどんどん増えて
メンバー以外の気のいい保護者の方も片付けを手伝っていて。

この学校でよかった。いい仲間に出会えた。

今年も帰り道の酒屋さんでビールを購入。
すかさずプルトップ開けて!子どもたちやおやじたちのいい顔を思い出しながら
いい運動会でした。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

あいさつ

2008-09-26 | Weblog
みどりのおじさん。見守りサポーターの活動は、最近さぼり気味。
本来、出勤は8時30分が定時なので、9時過ぎになる出勤は、本当は遅刻。ただフレックスだった(?)出勤時間をうまくごまかしているのですね。

夏休みは、もちろん学校に行かなくていいのでおりこうさんの8時30分出勤。8時30分という時間は、Topが後から無理やりに決めた時間なので納得いかないが、まあ宮勤めだから仕方がない。

それでも2学期が、始まってぼちぼち行ってます。
うちの地域は、大丈夫だと思いますが、いやなニュースばかり続いてますしね。

で、顔なじみのサポーターさんが、困った顔して話しかけてきた。


「あいさつするこどもが少ない」


まあ ここに見に来てくれる地域の方は、しっかりとしつけてくれているとは、思うのですが

まだ、解決していない福岡の女の子の事件。他にも解決できていない子どもを巻き込んだ事件の地域の方々の気持ちを考えると心苦しい。
せめて、この地域の子どもらだけは と願わずにはいられない。

先日、退院したばかりの友人も副作用で頭髪の抜けたスキンヘッドを子どもたちにからかわれながら、子どもたちを見守ってくれてる。

活動が、始まって4年。なんの見返りもない、こどもたちや保護者のあいさつの少ないボランティア活動に地域のみなさんも見直しをとの声も出ている。

どうしたら いいんだろうね。

今週末も明日は、クリーンアクション。
あさっては、運動会(もちろん、警備係)。

誰かの笑顔が見たいだけなんだけど、寂しさを感じるのはなんだろう。



コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

おかえりなさい

2008-09-24 | Weblog
友から電話をもらった。退院したと。
おめでとう!!!

さあ、週末は運動会。
盛り上げていこうかね!

とりあえず、今夜はお祝い。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

幼い命

2008-09-22 | Weblog
この週末、奪われた二つのいのち。

悲しいよな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そこに

2008-09-19 | Weblog
原発があること、通常兵器が核になること。

そこに基地があること、仮想敵国の標的は、もうすでにセットされていること。

また、あの島を見捨てるのか


その基地は、平和を謳う国の中にあったこと、

そこからどれぐらいの人殺しが飛び立ったのか。

その基地に私たちの税金は、確実に使われていて

人殺しを助けた。

世界は、まだ憎悪が終わらない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そして歴史が動き出した

2008-09-19 | Weblog
「沖縄県の百年」という本を読んで、忘れてはならない事件が記されていた。
ここから軍部独走の歴史の芽がうまれた。
近代戦における海外への出兵が、始まった。
http://ja.wikipedia.org/wiki/台湾出兵
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やってもうた

2008-09-18 | Weblog
車ガリガリって....
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

敬老の日

2008-09-15 | Weblog
メンバー2家族をお迎え。
9時、現場入り。すぐ、リハーサル開始。
本番は、10時から....早えー。
予想より多いお客様の参加に ほっ。
本日も楽しいコンサートの開始。
あきらちゃん&ラーメンちゃんと音たね一座の
セッションライブの始まり。
コンサートの様子は、こちらで
http://stage-blog.p-kai.com/

ふだんは、ふたりだけで回っているので、
今回のようなバンドセッションは、始めて。
緊張したらしい。
普通バンドなんて自己主張のはげしい奴が多いもんな。

でも、音たね一座のメンバーも子ども大好き。
一緒に楽しいやさしいライブをしたい気持ちは、いっぱい。

sayaka-hallでたくさんのお客さんを感動させて
沖縄までこどもたちを連れて行ったんやもん

楽しいコンサート終了。お弁当会。
あきらちゃん&ラーメンちゃんの歴史やエピソードなど。
大爆笑の昼食会でした。必ず、また来年もと約束して

機材、メンバーを積み込み、別現場へ。
メンバーの働く老人ホームの敬老の日のお祝いに。
なつかしいナンバーも揃えて、こちらも楽しいコンサート。

おとついのうどぃの子どもを見る顔と違う笑顔が並ぶ。
メンバー達の手振りに合わせて手をふりあげるおじいちゃん、おばあちゃん。
楽しそうだった。最後に握手してまわると、本当にうれしそうで。

十数年前、初めて老人ホームへ行った日のことを思い出した。
あの時は、唱歌や童謡を一緒に歌いました。
若い人たちと歌うコンサートではなくて
長い時代を感じる重い、思いシングアウトでした。

いい3日間でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あきらちゃん&ラーメンちゃん

2008-09-15 | Weblog
虫の知らせ....。「どないなってる?身体あいたけどいこか?」「うん、明日のこともあるしちょっときてくれる!」と、言われたので、田舎の細道クネクネと。 始めての会場。行くといつものメンバーが機材に囲まれていて見知らぬ顔がお2人。
あきらちゃん&ラーメンちゃんhttp://stage-blog.p-kai.com/
こどもや保護者、教育関係者向きの遊び歌を歌われる仙台のグループ。

はじめましてのごあいさつもそこそこに、会場のセッティング。
終了後すぐサウンドチェック。そして、リハーサル。
「ぎんじーは、じゃーこれで写真撮ってくれますか?」とデジカメを渡される。
「じゃあこのときにマイクセットしてくれますか?」といろいろ注文をいただく。

「じゃあ、あと10分でお客さん入りますので....」え お客って...。
よくわからぬまま、こどもたちやおかあさんがたがご入場。

楽しいあそびうたコンサート始まり。

わたしもいきなり、舞台にあげられて何やらいじられ役でお手伝い。
1時間ちょいの楽しいコンサートでした。
打ち合わせ、チェック後、解散。21時になってました。

つづく
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

音楽

2008-09-15 | Weblog
9月14日(日)
ある団体からいただいたジャンパーの刷り込みのデザインを、思考していると
10時過ぎ....やべ、地域のイベントの取材、忘れてた。
小学校へ。顔見知りが何人かご参加。デジカメパチパチしていると。
「こら、はげ遅いやけ」「はげにはげ言われたないわ。」
(彼の場合副作用なのだが...こんなとこ おったら あかんやろ)
軽口をたたきながら後片付け。子どもたちを思う気持ちに深く感謝。

昼過ぎから、友人の主催する
身体表現講座 『音を感じながら心のおもむくままに躍ってみよう~』に参加。
プロのダンサーやアーテイストと障害者が、即興で表現してゆくイベント。

初めて、フリージャズやアドリブだけの音楽に触れたのは、M-HALLで働いていたとき、なんか「私、うまいやろ」みたいな雰囲気が、鼻についてあんまり好きになられへんかった。

でも、今回のは違った。そこには、音楽やアートがあった。
人の作り出すパワー、喜びを深く感じた。
少しづつ増えてゆくトーンチャイムの音に誘われるような幻想的な踊り。

1コードのピアノ伴奏に、アドリブのピアノとサックスがからまる。

あんまり書きすぎると怒られるか。機会があれば、また伺いたい。
とこさんお疲れ様でした。

終了後、虫の知らせである友人へTEL。
そして、ずるずると夜中まで(また明日)
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加