watabatakeのブツブツ

watabatakeの日記っす
日々思う事をブツブツと
【Twitterばかりっすね】

運動会のちMix

2006-09-30 | Weblog
今週末土日は、運動会のちMix!
9/30午前中
 K中学校の体育祭来賓出席。
 パイロットのK氏ファミリーの運転手!
 教頭先生からいろいろな相談!ほぼ解決
 昼からは、現在進行中のラフミックス

10/1
 AMは、幼稚園の運動会でカメラマン!バシバシ撮りまくる!
 幼稚園児はかわいい&親もいっぱい撮りまくる予定
 パイロットのK氏もビデオ係で参加!
 (わしらってヒマって思われるやろうな。この1週間ほぼ毎日会ってるもんな)
 PM,例のMixをアーティスト立ち会いの基に作成予定!
 がんばろー

只今10/1am6:30 ショボショボ....
このまま1日雨っぽい.....中止になりました。こどもたちかわいそう...
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

それでも前へ

2006-09-29 | Weblog
奈良の事件に一つの区切りがついたところなのに
子ども達を狙った犯罪は、止まらない。

塾帰りの小4女児、男に胸など刺される 兵庫
http://www.asahi.com/national/update/0928/OSK200609280106.html

仕事が暇なのと逢わせて、丁度地域の交通の各種施設に
市や警察が相談にのってくれる案件がうまく重なったので、有休を取った。
AM10時集合。校区北側の気になる通学路など数カ所を見回り、
予算の都合の着き次第改善の約束をかわす。

かなり積極的。デジカメで撮影したり、メジャーで要所を計ったり。

約1時間30分ほど各危険箇所で相談にのっていただいた。
一応教頭先生に報告....(PTA担当役員、自治会役員様ありがとうございました)

昼からは....
夕方より、地域広報誌の打ち合わせ。データ多数入稿!がんばろー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あれから

2006-09-26 | Weblog
1年10ヶ月しか過ぎていないのか?
奈良の幼女殺害事件の地裁での判決がやっと降りた。
極刑以上の刑をそんな見出しが並んでいた。
-----------------------------------------------------------------------------
奈良・女児誘拐殺人:死刑判決 小林被告、表情変えず 不満漏らす場面も
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20060926dde041040021000c.html

死刑にガッツポーズ 小林被告にんまり 奈良女児誘拐殺人
http://www.sankei.co.jp/news/060926/sha019.htm
(Sankeiは法廷に立ち会えたのかリアルです。ぜひお読みください)
-----------------------------------------------------------------------------

購読しているM新聞の記事を読み、冷静な法律関係者の記事に納得が行かない。
では、加害者には、どのような罪が妥当なのか?
私自身が被害者の親だとしたら憎んでも憎みきれない犯人である。

それこそ極刑でも生温く、我が思うままに、犯人へ地獄の苦しみを味あわせてやりたいと思うのだ。

あの事件から心ある優しいたくさんの人達が子ども達の安全と幸せのために
暑い日も、雨の日も、寒い日も子ども達の登下校を見守っている。

日々起る、子ども達への虐待や惨い犯罪を憎み苦しみながら
数万の心ある人達が暑い日も、雨の日も、寒い日も子ども達を見守っている。
私の地区の想いの深いサポーターのお二人は、精一杯子ども達を見守りながら天寿を全うされた。

これから先まだ何年も続いて子ども達はこんな異常な登下校を続けるのだ。
なのにあざ笑うかの要に子ども達が傷つき命が奪われる

過去のいくつかの事例もわかる。法治国家としての判断も必要かもしれない。
だが、どうすれば犯罪は無くなるのか。

被害にあった本人、家族の苦しみは何に救われるのか?


弁護団は、判決を不服として控訴した。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハー

2006-09-25 | Weblog
運動会は、子ども達も懸命なら周りの親、先生、おじいちゃん、おばあちゃん
そして、地域のサポーターのみなさん。みんな、いい1日を過ごせたと思うのです。
VTRやデジカメを見ながら、来年はもっといっぱい撮影したいなと思います。
余韻にひたりながらの1日。

なのに子どもを巻き込む事件が連続していて、つらいですね。

仕事中息抜きに見たネットで胸が詰まり、涙をこらえました。

埼玉の園児死亡事故、容疑者「テープ替えようと脇見」
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060925i412.htm


地域でもあらゆる面で交通ルールの徹底を考えないとだめですよね。

市の農道(通学路)路側帯を引こうかと考え中。
狭い道なのにけっこう車が通る。
なのに、子ども達は道いっぱいに広がって危ないんですよ。

もひとつ
ねこのおばさんにまた一言言われるかもしれませんが..
ぜひご一読を

沖縄で新基地建設を環境破壊の面から反対されている団体の幹部が不当逮捕されているらしいのです
Mixiコミュ
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=10731589&comment_count=5&comm_id=109065
琉球新報
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-17497-storytopic-3.html
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

運動会

2006-09-24 | Weblog
兄貴が4年生になって初めて徒競走で1等賞。
熱くなったおやじです。
子ども達よ、ありがとう!
PTA役員、おやじの会の皆様、お疲れ様でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

体育祭

2006-09-23 | Weblog
運動会シーズンですね。
今日、がんばった子ども達、おとうさん、おかあさんも多いかな。
家は、明日。おやじの会は、警備係。腕章作成しました。
新しいジャージ用意しました。ビデオ、デジカメの充電しています。
明日は、早起きして、卵焼き作って、PTA会長は、7:30には登校予定。
晴れそう、楽しみですね。

自分が主人公だった運動会は、どうだったろう?
あいにく小、中は断片的な記憶しか無いのですが
高校の体育祭に、深い思い出があります。

高校の体育祭のくせに9月末でしたね。
1年生~3年生まで当時各9クラスあって、
その学年をひとまとめに9組対抗の体育祭をしていました。

応援合戦の有名だった我が校。
2学期が、はじまると放課後は、毎日1ー2時間かけて応援練習。
3年生の教室に1、2年生も集まって。型の練習。いろんな型がありました。
衣装も凝ってて
3年生の男子のリーダー達は、安いサテンで羽織、はかまを作るんです。
女子もオリジナルのチアガールの衣装を作って..
(結構大胆な衣装でした)
各組の座席の後ろには、高さ1メートルぐらいの応援舞台もあり、
後ろにはアーチ班作成の応援パネル(5×2.7mぐらい?)も掲示するんです。

特に思い出深いのは、3年生の体育祭。
あいにくの小雨。でも雨は上がる予想。
始発で学校に登校。6時ぐらいやったかな?(学校が開いていたのは、恒例だったから?)
グラウンドは、水たまりいっぱいやったけど、職員と相談して
「登校しているもんは、バケツとぞうきん持ってグラウンド整備」と各教室走り回り
バケツにぞうきんで水をとって、陸上の高飛びのマットも使いグラウンド整備!
開会時間に間に合わせました。

競技は、男子2,000mに出場。男子のみの競技。全学年の男子混合で走ります。
府大会ベスト8まで行った、野球部のピッチャーや、サッカー部のキャプテンが
いたんですが、なんと学年トップでゴールしました、学生生活最初で最後の1等賞でしたね。
(サッカー部のキャプテン、片思いだった女の子の彼氏。こいつだけは絶対勝つと勝負しました。)

応援合戦、仮装合戦などアトラクションもいっぱいで夜遅く迄キャンプファイヤーをして
青春の思い出をつくりました。
翌日からは、11月の文化祭で頭がいっぱいになっている青春バカでした。

今、思い出してもなつかしくて胸が熱くなります。

学校統合の件、教育委員会は、予想通り通ってしまいました。
後は、市議会にかかるようなのですが、....

友人のひとりが署名を協力して何枚か集めてくれました。
思い出の高校が無くなるのは、私も考えられへんと

もう、ひとふんばり署名を集めよう!
今はそれしかできないから



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ただ伝える事しかできないのですが

2006-09-22 | Weblog
随分、前から知っていて.......
でも、なにもできなくて
世界の各地では、今も..........

ただ伝えるしかできないのですが

ミッシェルさんの日記
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=223830336&owner_id=5766188
「後、10日で、世界が終わります。」

もし、あなたが、そう言われたとしたら、
あなたは、どうするだろうか。


ある人は、悲しみに打ちひしがれ
泣いて過ごすかもしれない。

しかし、ある人は、
残りの時間を、
おいしいものを食べたり、
家族や愛する人と
共に残りの時を過ごそうとするかもしれない。


まぁ、これを読むほとんどの人にとって、
これは、単なる空想に過ぎないことだろう。


しかし、

「後、10日で世界が終わる。」

今まさに、そう突きつけられている場所が、
この地球上にある。


アフリカ東部の国、スーダンのダルフール地方だ。

ー中略ー

2002年に始まった
スーダン政府による
ダルフール地方の人々への虐殺によって
すでに
20万人とも40万人ともいわれる人々が
死んでいる。


男たちは殺され、
女たちはレイプされ、
やっぱり殺される。

残された子供たちも、
飢えや病気で死んでいく。

死者の70%は、
5歳以下の子供たちだ。


こんな状況に、
世界が何もしないはずはない。
そう、あなたは思うかもしれない。


実際、ダルフール地方で起きていることは、
現在の最悪の虐殺だと、
世界中で、非難の声が上がっている。


国際社会は、安定のために、
アフリカ諸国で平和維持部隊を結成し、
ダルフール地方へ兵士を派遣している。

しかし、
その数は7000人。

日本の1.5倍ほどもあるダルフール地方で、
7000人は、ほとんど無力だ。


その後も人々は殺され続けた。


また、国際社会の批判や注目を避けるために
スーダン政府が行っていることは、
この地方で活動しているNGOやジャーナリストの
殺害や拘禁。

その内部で行われていることの本当の姿は、
だれも知らない。


国際社会は、そんなスーダンの状況に、
新たに国連の平和維持軍を送ることにした。

その数2万人。

まだ、足りないかもしれないが、
これで、ダルフールの状況は改善されると期待されていた。


しかし、それに対し、
スーダン政府は、拒否を表明した。

そして、これ以上スーダンを非難するようなら、
すでに展開しているアフリカ連合の平和維持部隊
7000人も、
退去するように勧告してきた。


その期限は、今月末日。
後、10日だ。


後、10日で、
NGOもジャーナリストも
平和維持部隊も、
すべてこの場所から出て行かなければならないかもしれない。


残される人たちは、どうなるのだろうか。

この状況に、世界は何もできないでいる。


たとえ、世界中の目が、この場所からなくなっても、
「政府」と名の付く機関が、
それほどひどいことはしないだろう…
…と思うかもしれない。


しかし、このスーダンの政府は、
このダルフールの紛争が始まる前に、
スーダンの南部の人々を、
20年間にわたり200万人虐殺してきた。

戦闘機や戦闘ヘリコプターを使用して、
上空から村々を焼き払った。




後10日で、世界は、ダルフールの人々を
本当に見捨てるかもしれない。


「後、10日で、世界が終わります。」

そう、彼らに告げているようなものじゃないのか?


しかし、
その残された10日さえ、
ダルフールの人たちには、

おいしい食事も、
一緒に過ごす家族や愛する人も、
ただ安心して過ごす家も

もう奪われて残されていない。



-----------------------------------------
ダルフール関連
アムネスティ・インターナショナルのスーダンキャンペーンのページ(日本語)
http://www.amnesty.or.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=401

ニューヨークタイムズの写真
http://www.nytimes.com/slideshow/2004/07/06/opinion/20040707_KRIS_1.html

BBCのダルフールの虐殺の特集サイト
http://news.bbc.co.uk/2/hi/in_depth/africa/2004/sudan/default.stm
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

ハー

2006-09-22 | Weblog
まず、最初にいっておきますが、決してある方達の
批判ではありません。ただ....
以下の文章参照
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060922ic05.htm

18から働きだしてるからかっこ良くいえば1/4世紀
25年働いてることになります。
で、手取りが先日産まれたばかりのこどもといっしょってか?
1/3を住宅ローンに持って行かれ、残った金で親子4人生活してます。

再度言いますが、決してある方達の批判ではありません。

情けないのー自分なのです。



コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

PTA

2006-09-20 | Weblog
先月末に行われた第54回日本PTA全国研究大会みやざき大会で
講演者がドタキャンした件がなぜか、またMixiで浮上している。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=9952428&comment_count=10&comm_id=287895

去年の日本PTA全国研究大会ももめなかったか?

大体PTAの全国研究大会ってとこまで広げなあかんもんなのか?
各学校単位でさえさまざまな問題が常に起り、大変なのに。

小学校のPTAでも、地区があり、
市があり、南河内があり、大阪があり、近畿があり、全国がある。
そして、それらにお誘いがあったりする。
仕事して、家庭があって、変な趣味があってという私には、もう限界です。
友人達に迷惑かけてるし

変に義務感や強制感があったりするのは、なんか納得いかんな。
基本的には、ボランティア活動だと思うんですがね。

まあ、私は、キライなほうじゃないんですが...
子ども達のためになにかしたいと思いますしね
でも時々あたりまえのように上から言葉が来たりすると
ムッとしたりしますね。

PTAでメシ食ってる人っておるんかな?
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

幸せのおすそわけ

2006-09-19 | Weblog
同僚のAさんは、まもなく妊娠6ヶ月。
今月末に退職の予定です。
そんな彼女との本日の会話。
Aさん「先週末に検診に行ったんですけど、もう本当に人間になってきてびっくりです。」
じい「まあ、そらな..。」
Aさん「でね、頭の形とか顎のラインとか旦那さんにそっくりなんです。」
じい「××××××××」

そんな 6ヶ月のエコーで言い切れる彼女。
よかったね。幸せにね。
中絶、虐待、子どもに辛い時代。
胸が傷み、黙りこくってしまうことも多いですよね

無事に産んでいいおかあさんになれますように!
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加