watabatakeのブツブツ

watabatakeの日記っす
日々思う事をブツブツと
【Twitterばかりっすね】

この子の願い

2006-01-31 | Weblog
先日、ある講演会で聞いた事..

この子が、欲しいものは、何だろう?

わかりますか?
出典:「チルドレン・ライツ」(日本評論社、1989年、表紙 長倉洋海撮影)

明日に続く..(コメントお願い)
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

2006-01-30 | Weblog
この、数日見られる事件の多くが、家族で命を奪う事件が続きやりきれない思いになる。
なんらかの前兆があれば、まわりや地域で気をつける事もあるのだろうが

何日か前に高層団地の家事で幼い命が奪われた事件の事を書いたが、
容疑者は、重傷を負った母親であったと書かれていた。
夫の浮気への猜疑心かららしいのだが、果たしてやり直すことができるのだろうか

金沢市の17歳の子ども達による殺人未遂は、
「3人で先に寝た人に火をつけるゲームをしていて、(被害少年が先に)疲れて寝たため、火をつけた」
らしい。煙草の火を押し付けるリンチならば聞いた事はあるが
ガソリンで火をつければどうなるのかぐらい想像できないのだろうか?
17歳にもなれば、火の恐ろしさぐらい知っているだろうに。
まさか、ゴジラの炎を浴びても平気な怪獣がいるのを人間にあてはめたわけでもないのだと
思うのだが

親が子どもを道連れに自殺を図り、親だけが死にきれないという事件もよく見る
哀しいですよね。

で、うってかわって怒りしかでないNews
連続児童わいせつ、33歳男に懲役16年
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060130i404.htm
たった16年か。14人の児童の心を自分の身勝手な性欲のために深く傷つけた変態が
わずか16年の罪で許されるのか。前歴があるにもかかわらずの再犯。
犯人は、33歳、50歳前にまた残虐な変態が町に離されるのか。

性犯罪者は、性器をとってしまえという2chの乱暴な書き込みに
うなずく自分がいます。大阪の各地でも通学中の女子児童に向かって
性器を露出する変態馬鹿が毎日のように出没しているようだ。
ほんまにもう....切ってまうぞ

もう一個だけ..
ヒューザー、18自治体を提訴「耐震偽装を見逃した」
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060130it11.htm

あきれてものが言えん。法律の目をかいくぐって、ぼろもうけを
しようと企んだくせに、強制的に税金からのフォローを受けようとする
その根性が許されへん。自然他の災害で住む家を奪われた人達の多くは、
ほとんど自分達の力だけで、復興していっているのに..未だに避難所や仮設住宅で
暮らす人も多いのに...腹立ってしゃあないやけ。くそぼけ。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

こどもの救急ホームページ

2006-01-30 | Weblog
朝日新聞社の記事より
子どもの救急、公式サイトで判断に目安 小児科学会
http://www.asahi.com/life/update/0130/006.html

子どもの救急ホームページ
http://kodomo-qq.jp/

こういうサイトが欲しかったんです。
乳幼児を持つ皆さんに広まって欲しいですよね。
Acoustic'sのHPのTopからもリンクをかけたいと思います。
わがままお許し下さい。
元気にはしゃぐこどもが一番かわいいのです。

しんじママさんご協力よろしく!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プラネタリウム

2006-01-29 | Weblog
昨日、ひさしぶりに本屋さんによってデザイン関係の雑誌を購入した帰りに、
店頭に「大人の科学マガジン」究極のピンホール式プラネタリウムという
ごっつい付録のついた雑誌?を発見。
たった2,200円でプラネタリウム気分を味わえるというもの...
1晩悩んでやっぱり楽しそうなので購入した。
夕食後、ゴソゴソ組み立てる。子ども達は、テレビを見ながら
横目で工作を楽しむおやじの姿をチラチラ。1時間ほどで完成。
部屋のあかりを消して、スイッチON。
まあ、豆電球の光で黒いフィルムを透かしているだけなので
そんなに...ピントも悪いしね。星の光量もみんな一緒ですし...
でも、満天の星空気分わりといいかもね。
昔は、こんな星空が、どこでも見れたのでしょうね。

http://shop.gakken.co.jp/otonanokagaku/magazine/vol09.html
大きな書店で売ってます。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

電気屋さん

2006-01-26 | Weblog
仕事を終え、子育て仲間、おやじの会仲間のK氏宅へ。
K駅を降りると障害者自立支援反対の署名活動をされていたので
いそいそと署名、泣けなしのさいふからカンパもしました。
ついでに、話をして署名用紙も何枚か預かって来た。
(その節は、皆様よろしくお願いします)
で、K氏宅へボツボツ歩くと、小学生が何人かクスクス笑いながら
声をかけてくる。塾終わりだろうか。「気いつけて帰りや」と
声をかけ見送る。K氏宅へは、徒歩5分ほどなのだが、その間は
安まちメールの事を思いつつ、なんてひどい世の中なのだろうと
腹立たしかった。
K氏宅は、AV機器の接続の依頼。家電特有の機能にとまどい
いったん休憩。ビールを飲みながら手作りシューマイをいただく。
おいしかった。で再度挑戦。クリア。J電機のstuffになれるか?
ただ、要求がもう一つ高度になったため部品を購入して、別の日に
再度、訪問サービスになりました。

子ども達の事、夢の事、いろんな話ができてすごく楽しかった。
帰りも高級車で送っていただいた。

今日の文章、小学生並みやな...情けないのでおしまい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

抗日

2006-01-25 | Weblog
今朝起きてつけたTVでやっていて、気になったものがあったので調べてみた。

「抗日」オンラインゲーム登場=遊びの世界も愛国主義-中国

【北京5日時事】中国で日中戦争をテーマにしたオンラインゲーム「抗日オンライン」
が登場した。抗日戦争勝利60周年にちなんだもので、若い世代に浸透したオンライン
ゲームの国産化を進めるため、共産党、政府が取り組む愛国主義的ゲーム開発の一
環。5日の党機関紙・人民日報が伝えた。ゲームは、日本兵に包囲された中国人
を救うため、共産党系の軍隊「八路軍」が駆け付ける場面などが設定されているが、
残虐な戦闘シーンは排除され、歴史、軍事知識が身に付くよう配慮されたという。
党の青年組織、共産主義青年団系の機関とネット企業が共同で開発した。 
(時事通信) - 9月5日18時3分更新

ゲームとはいえ いつまでかの国は、ひきづり抗日を煽るのだろう。
自分達に目を向けさせないつもりか。
共に手を携え、未来に立ち向かう方が正道だと思うのだが
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安まちメール

2006-01-25 | Weblog
他の府県は、知らないのですが、大阪府警が、今月早々から募集を開始し
23日から運営を開始した「安まちメール」というサイトを最近よく見ています。
http://www.info.police.pref.osaka.jp/
府全域をカバーし、犯罪の発生をメールで送信してくれるサービスです。
PCでも見れるのですが

まあ、なんとひったくり事件が多い事か今日のAM4:00~PM7:00の
間に発表されている事件が9件もあり
こどもに関しての事件も11件起きている。
痴漢行為も多く、ナニを見せて喜ぶクソバカもいているようだ。
声かけ事件も下校時ばかりでなく登校時にも多く多発している。

これ見ているあなたの町の近所でも被害出てるで、気つけてや!

大阪で生まれ育って大阪の町が大阪の人が好きやのに、
なんかイヤになってくるな。

帰宅すると学校から手紙。2月の末に府教育委員会の主催で
防犯に関してのシンポジューム(?)が開かれるらしく、
直々のお誘い。でもWeekdayの昼間って....
行きますよ。行けばいいんでしょ。
なんらかの新たな発見があることをのぞみつつ。

ハア、でも時給暮らしなんよね...
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

闇で

2006-01-24 | Weblog
<豊川男児殺害>被告に無罪 「誰に怒りを」父は絶望の表情
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060124-00000049-mai-soci

ならば幼い命を奪ったのは、誰なのか?
闇で薄ら笑いをする奴がいる。

疑うべきは罰せずか。
公正な裁判の結果を疑うものではないだろうが
言葉巧みにごまかした裁判で無罪になった容疑者が、
もし真犯人だったならば...
この手の犯罪は、再犯の恐れがある。
被害者が出ない事を祈るしかないのだが

なぜに命を大切な家族を奪われたものが、苦しまなければならないのか?
憎むべきは、幼い命を奪った鬼畜なのに
栃木の事件はどうなっているのか
この国を狂わせているのはなんなのだろう?
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

~街灯の下で~

2006-01-23 | Weblog
始めて人のために、涙を流したよ
後いくつ涙すればいい
思っただけで寂しくなるよ

いつか、君の事を忘れてしまうかもしれない
けれど、君も追っていた夢は、決して忘れない
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

2006-01-23 | Weblog
友人が死んでいた。私の誕生日に私のどの友人にも知られることなく彼は、死んでいた。
半月もたった今、静かに手をあわせるしかなくて。酒に溺れる友人だった。
彼のために年上なのに、聖職者なのに私ごときが叱り、諭した。
充分、自分でわかっていただろうに。酒のために、身を滅ぼし命を落とすなんて...
もう、逢えないんだね。やりなおせないんだね。あなたを慕った教え子達には
どう伝わったのだろう。あなたの思いは、教え子達へ、私たちの心になにかは、残り続けるよ。
空の上、うまい酒はあっても飲み過ぎるなよ。

この数日、親が子どもを殺す事件が続いて、胸が痛む
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/murder/
どうにかできなかったのか。
救う術はなかったのか。幼子の命は、あまりにも脆い。
他人が立ち入る術はどこにもなく
大切な命。大切な、大切な
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加