watabatakeのブツブツ

watabatakeの日記っす
日々思う事をブツブツと
【Twitterばかりっすね】

10月11日1永山則夫が東京で警備員を射殺-永山則夫連続射殺事件(1968)

2012-10-11 | Weblog

永山則夫連続射殺事件とは、1968年10月から11月にかけて、東京都区部・京都市・函館市・名古屋市において発生した、拳銃による連続射殺事件である。警察庁による名称は「警察庁広域重要指定108号事件」である。


事件の概要

警察は、一連の事件を警察庁広域重要指定108号事件と命名している。
横須賀のアメリカ海軍基地から盗んだ拳銃[1]により、社会への復讐のために短期間のうちに4人を射殺した。
第一の殺人事件
1968年10月11日、東京の東京プリンスホテルで綜合警備保障の27歳ガードマンに対し2発撃って射殺した。
第二の殺人事件
1968年10月14日、京都の八坂神社境内で69歳警備員に対し6発撃って射殺した。
第三の殺人事件
1968年10月26日、函館で31歳タクシー運転手に対し2発撃って射殺した。
第四の殺人事件
1968年11月5日、名古屋で22歳タクシー運転手に対し4発撃って射殺した。

永山基準

この事件以降殺人事件において死刑判決を宣告する際は、永山判決の傍論である死刑適用基準を判例と同等に参考にしている場合が多く、永山基準と呼ばれその影響力も大きい。1983年に第1次上告審判決では基準として以下の9項目を提示、そのそれぞれを総合的に考察したとき、刑事責任が極めて重大で、罪と罰の均衡や犯罪予防の観点からもやむを得ない場合に許されるとした:
1.犯罪の性質
2.犯行の動機
3.犯行態様、特に殺害方法の執拗性、残虐性
4.結果の重大性、特に殺害された被害者の数
5.遺族の被害感情
6.社会的影響
7.犯人の年齢
8.前科
9.犯行後の情状
 このように具体的に基準が示され、傍論の効果や是非について議論される時には、永山基準が参考にされることが多い。しかし光市母子殺人事件の最高裁の判断では、「特に酌量すべき事情がない限り死刑の選択をするほかない」とし、事件発生時に被告が少年であったとしても、特別な情状酌量の余地がない場合『原則・死刑適用、例外・死刑回避』という新たな判断の枠組みが示され、永山基準は変化を遂げつつある。また、判例は法律に匹敵する効果を認められているが、永山基準は国会で議論された内容ではなく、国民の総意を反映しているとはいえず、加害者の命の重さを被害者の数倍と事実上規定している判断基準が、国民の死刑への捉え方といささか乖離してしまっている問題もあり、今後の死刑存続問題と絡んで再検討が期待される。
http://ja.wikipedia.org/wiki/永山則夫連続射殺事件

他には---------------------------------------------------------
■南アフリカの政治犯との連帯の日(国連)
 南アフリカのアパルトヘイトに反対して捕えられた政治犯を支援するために国連が制定した国際デーであったが、1994年にアパルトヘイトが完全撤廃されたことから、現在は実施されていない。
■安全・安心なまちづくりの日( 日本)
 2005年12月に閣議決定し、2006年から実施。「全国地域安全運動」の1日目。
■ウインクの日( 日本)
 目の愛護デー(10月10日)が見開いた目に見えるなら、こちらは「10 11」が片目をつぶったウインクに見えることに由来。

▲オーストラリア最古の大学であるシドニー大学が開学。(1852)
ジャマイカ事件。ジャマイカでポール・ボーグル(英語版)と黒人200人以上が暴動。(1865)
▲新橋駅付近で日本初の鉄道事故(1874)
▲御前会議で立憲政体の方針、大隈重信罷免など決定。明治14年の政変(1881)
三井合名会社設立(1909)
▲ファーブル、没。92歳(1915)
▲戦後初の映画「そよ風」封切り、主題歌「リンゴの唄」大流行(1945)
▲ 上野駅前で引揚者らが店舗を開設。上野アメ横開店(1946)
▲ ヤミ米を拒否し配給食糧による生活を守った東京地裁の山口良忠判事が栄養失調で死亡。(1947)
▲比叡山延暦寺に賽銭泥棒が放火。大講堂・本尊の大日如来像などが焼失。(1956)
黒い霧事件: 荒舩清十郎運輸大臣が、選挙区内の深谷駅を急行停車駅にした責任を問われて辞任。(1966)
▲ベトナム戦争: ベトナムへ航行中のアメリカ海軍の空母「キティホーク」で人種問題により水兵が暴動。(en:USS Kitty Hawk riot)(1972)
▲ 本田技研工業が低公害エンジンCVCCを発表。1972)
▲ハノイに日本大使館、開設(1975)
▲ロス疑惑で審理中の三浦和義がロサンゼルスへの身柄移送当日に自殺。(2008)

誕生:榎本健一(喜劇俳優1904)ダリル・ホール(1948) 清水健太郎(俳優1952) 
   麻丘めぐみ(1955) 荒木久美(1965) 苫篠賢治(野球選手1966) 金城武(俳優1973)

誕生花:みそはぎ (Lythrum)     花言葉:愛の悲しみ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月10日十・十空襲米軍... | トップ | 10月12日大政翼賛会、発... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。