猿八座 渡部八太夫

古説経・古浄瑠璃の世界

厨子王、岩城に帰る 福島公演

2016年11月07日 10時25分25秒 | 公演記録
広野町と福島市での「山椒太夫」福島公演を、盛況の内に終えることが出来ました。東京福島県人会並びに福島民報社のご尽力に感謝申し上げます。誠に有り難い次第です。「安寿と厨子王」は福島県民ですから、思い入れの度合いが違いました。歴史的に、今現在に至るまで、苦しみをなめさせられて来た福島の思いのようなものが会場に満ち満ちていたように感じました。今年最後の猿八座の舞台は、涙と喝采に包まれ、本当に「芝居」という雰囲気を味わうことができました。福島公演が叶って本当に良かったと思いました。

広野町公演の様子



厨子王が、父母を輿に乗せて、岩城へと帰ります。


一族が再興しての大団円で、拍手喝采。復興への思いが重なります。御殿から(あの世から)安寿と乳母竹(竹女)がその様子を見守って喜んでいます。



広野町遠藤町長と記念写真。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 村上市荒川地区公民館 満員御礼 | トップ | 2017 アート ミックス... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

公演記録」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL