Diary

渡辺家のファミリー日記です。

アダルト・勧誘目的のコメント等は御遠慮ください。

休暇の終わり

2017年05月28日 00時46分39秒 | Weblog

29日(月)からお仕事再開します。
しばらくは帰ってきたらクタクタと思います。。。

1週間の自宅静養の間にいろいろやろうと思ってたのですが、思ってたことの半分も出来なかったかも。
身体の回復が最優先だから仕方ないですね。他のことはおいおい、のんびりやっていきます。

しばらく前にエルダリーから到着したまとめ買いした弦です。



ようやく音が出始めたフィドルと、手術から無事に戻れたら6月の美野里フェスにエントリーしようと思っていたのでアパチラアンダルシマーは練習しました。ダルシマーの弦はまだ替えてないです・・・美野里の前に替えた方がいいかしら。

新しいオモチャも2つ増えました。Amazon でポチッとしたUSB接続でMP3ファイルでPCに音を録り込めるカセットテープコンバーター。
経年劣化で使いものにならなくなる前に少しずつPCに移したいのですが・・・これもおいおい。




もう1つはUVライト。レジンのアクセサリーをこの1週間のうちに作りたかったのだけど・・・
別のネットショップで注文したパーツとレジン液が届かない~
入金してから5日目で発送の連絡は無し。これは忘れてるな、と思って確認しようとたら土日はお休みとのこと。
週明け月曜以降の対応です・・・ガッカリ(´・ω・`)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

娘から

2017年05月27日 08時36分59秒 | Weblog

入院中、娘が病院までお見舞いにきてくれました。
マカロン、ケーキと一緒にくれたのがリトル・ミィのワッペンとブックカバー

退院してから麻ひもでバッグを編み始めました。



グルグル編んでワッペンと縁飾りレースをつけて完成
これからの季節にピッタリでしょ!



ブックカバーは文庫本サイズ。






せっかくだからパートがお休みの間に、このカバーをつけて何か読もう~と近所のBook Off へ行ったら・・・
「鹿の王」がありました!! ずっと読みたいと思ってた作品。
カバーのサイズには合いませんが購入しました。とりあえず上巻。目が疲れないよう、ゆっくりいきます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桜の樹の下で

2017年05月27日 01時27分54秒 | ブルーグラス

Facebook に動画を投稿したのですが、 Facebook をされていないお友達に向けてこちらにも貼ります。

marinekkoさん作曲の「桜の樹の下で」
marinekko さんの楽譜集に掲載の Annさん作の英歌詞を日本語にして歌ってみました。



「いいね」やコメントをたくさんいただいて実はとてもビックリしています。
4月にダンナと2人で演奏している動画を同じくFacebook に投稿したんですが、反応全く無かったんですよね・・・。
Facebookは「いいね」やコメントがつかなければその投稿はどんどん下がって視野から消えて行くので、まぁ興味なければ皆さんスルーだろうし、楽器はけっこうそれっぽい音を出せていても私の唄に魅力がないのは自分が一番良くわかっているから、とりあえず退院記念に---と軽い気持ちでアップしました。主治医の先生たちから手術と全身麻酔、抗生剤使用のリスクについてたびたび説明があり、場合によってはしばらく演奏活動が出来なくなるかも・・・だったので、入院前に録音だけしておいたんです。
退院報告と合わせてのアップだったから皆さん聴いてくださったのかもしれませんが、何よりもmarinekkoさんの曲の魅力でしょう
素敵なメロディーはたくさんの方たちに響くんですね♪
marinekkoさん、Annさん、唄わせてくださってありがとうございました。
その上、この夏に完成予定のフォトブックに日本語バージョンの歌詞を引用してくださるとのことで、もう身に余る光栄です。

桜の写真はダンナの京都産業大時代のサークル仲間・福井県にお住まいの長谷川さんにお願いして使わせていただきました。
現役のベース弾きさんですが、写真撮影も素晴らしい方です。長谷川さん、お写真使用のご快諾をありがとうございました。

桜の樹の下で

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

入院 費用

2017年05月25日 14時39分52秒 | Weblog

入院・手術にあたって心配事はいろいろありましたが、その1つが費用に関すること。
卵巣嚢腫がどんな病気なのか、腹腔鏡手術とはどんな手術なのか・・・はネットで検索すればいろいろヒットするけれど、
実際腹腔鏡手術で1週間程度入院するとして費用はどれくらいかかるのか・・・は個々の治療状況や入院先の病院の室料で違ってくるためはっきりわからなくて、「わからない」は不安な気持ちつながりました。
経済的に余裕があればド~ンと構えていられるけれど、ダンナが60歳を過ぎて定年後の再雇用になってからは月々のお給料がガクンと減ってゆとりはありません。退職金は1円も手をつけず全額住宅ローンの返済にあてて(それでも完済せず)、この春大学を卒業した娘の学費を払い切って貯蓄ゼロの状況です。幸い社会人になった長男・次男は堅実に貯金を殖やしているので、どうしようもなければ子供に頼るしかないかな・・・と考えてました。経済的な理由で親が入院出来ない、なんて知ったらきっと二人とも快くお金を貸してくれるだろうから。

同じような心配をされている方がここに辿り着くかもしれないから、私の場合のことを報告します。1つの例として参考にしていただけたらと願います。

自分で前もって調べていてわかっていたのは、手術の費用は腹腔鏡手術の方が開腹手術よりも高額ということ。
ただし、手術後の入院期間が腹腔鏡手術では1週間程度に対して開腹手術では2週間からそれ以上かかるので、手術と入院を合わせた金額はほとんど変わらないような感じでした。概算については様々ですが最短な入院期間で15~20万ぐらい(3割負担で窓口に払う場合)かな、というところ。

入院先の病院にビジターサポート課というのがあり、入院が決まって手続きの説明があった時、どんな事でも不安があれば相談出来るのでお話くださいねと声をかけていただいたので、費用の概算について尋ねてみました。
そこで医療費の自己負担限度額の制度を知りました。ダンナが入院した時も「高額医療費」の制度があり、当時は保険での医療費が1か月6万円を超えると超えた分は戻ってきましたが、病院で支払いを済ませてから手続きをして戻ってきたのは半年近く経ってからでした。
が、今は「限度額適用認定証」というのを前もって申請して入院手続きの時に提示すると退院時にその限度額で会計してくれるんです。
詳しいことは下記に記載の通りで、月収が少ないと限度額も低く設定されてます。我が家の場合は区分「エ」、なのでどんなに医療費がかかっても同じ月のうちなら窓口に支払うのは 57600円。これはありがたかったし、金銭面の不安は一挙に解決しました。

https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat310/sb3020/r151

実際、退院の時に払ったのは 57600円に保険診療外の室料と食費を合わせた額で、ほぼ私の1か月のパート代程度でした。
県民共済からいくらか共済金もおりますし、この程度の費用で高度な医療技術の恩恵にあずかることが出来て本当に感謝です。
開腹していたらおそらくまだ入院中だったことでしょう。朝起きるたびに、1日ごとに元気になっていくのが自分でわかります。
来週からはお仕事にも戻れるよう、ゆっくり回復に努めます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Ola Belle Reed - Sing Me A Song

2017年05月23日 11時43分34秒 | ブルーグラス

たぶん来週からは投稿頻度が下がります。
今日はこの曲を聴きながら過ごしてます。
Facebook にこんな曲ばかり投稿するとお友達が減りそうだから、こちらにアップ。


Ola Belle Reed - Sing Me A Song

 

歌詞はこちら。一緒に歌いましょう~ 
最期の時が近づいた時、こんなふうに前向きに力強く歌えるってすごい。

☆ Won't you sing me a song
 Sing me a song
 When I come to the end of my journey
   I know it won’t be long
   Til I cross death’s silent river
   Don’t cry just sing me a song


As I travel through this life
With its struggle and its strife
Though the days may be weary and long
As I search for happiness I find peace and rest
When I sit down and sing me a song

Though our burdens are not light
Always fighting for the right
Everything seems to always go wrong
We could find peace of mind if together we could find
Time to sit down and sing just one song

When I reach the other shore
Meet loved ones once more
Join in the happy angel throne
If I could forever sing let the hallelujahs ring
I’d be singing a hallelujah song
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

入院

2017年05月21日 23時37分15秒 | Weblog

5月の連休、千葉フェスと大宮アートフルゆめまつりの報告がまだですが、記憶が鮮明なうちに初めての手術経験を書いておきます。
出産は3人とも自然分娩でしたし、今まで病院のお世話になることは無かったので、全身麻酔による入院・手術は初めてでした。

5/15(月) ダンナに付き添ってもらって入院。
入院手続きでいただいたのはウエルカムせんべい。さすが「せんべいの町・草加」です。



手術室担当医と麻酔医からそれぞれ説明があって、手術中、室内に流す音楽と香りを選んで下さいと言われました。
音楽は有線で様々なメニューがあったけれど、さすがにブルーグラスやマウンテンミュージックのメニューは無し。カントリーがありましたが、勢いのあるフィドルやバンジョーが流れて執刀医の手許が走ったらヤバイ…と思って癒しのケルティックを選びました。香りはヒノキはまず避けて、残った中からラベンダーを選択しました。

5/16(火) 手術当日。手術室入室は10時40分、麻酔をかけますと言われてなんとなくだるくなったな・・・と思ったら、「渡辺さん、終わりましたよ。」という看護師さんの声で目覚めました。当然この間のことは全く記憶にありません。控えていた主人に後から聞いたら、1時間かかったかどうかで早くてびっくりしたそうです。
手術前子宮との癒着が懸念されてて、はがしきれない癒着の時は開腹手術に切り替えて子宮も全摘と言われてましたが、左の卵巣と卵管のみを腹腔鏡手術で摘出していただきました。皮下脂肪はけっこうあっても内臓脂肪はそうでもなかったのかな・・・。

まいったのは手術後から翌朝まで。心電図のモニターと酸素マスク、点滴にお腹からの管と尿管、いろいろつながれて身動きが出来ません。起き上がるのは翌朝になってからとのことで、たった一晩のことですが同じ姿勢で横になっていたらだんだん腰が痛くなってきて辛かったです。なかなか寝れなくて時計を見ると1時間ずつしか進んでおらず、長い長い夜でした。
なりたくて病気になる人なんていません。なってしまったら治療するしかないけれど、入院はこの一晩でこりごり。自分の生活習慣が原因で入院することには絶対ならないようにしようと強く強く誓いました。

5/17(水) 手術翌日。1つずつ管が外れていって、お昼から食事も再開しました。メニューは全粥でしっかり食べられたら点滴も外していただけるとのこと。結局バナナとお粥を少し残してしまいましたが、点滴は外してもらえてこの日の午後からは楽に過ごせるようになりました。




ナースステーションの後ろのICUに半月以上いた主人や長期入院されている方には「たった一晩で」と言われそうですけれど。。。
普通に家にいて普通に動けるってとてもありがたいことだとあらためて感じました。
看護師さんや病棟スタッフ、皆さん優しくて良くしていただいたんですけどね。



5/18(木) にはシャワーの許可が出て、5/20(土) に退院出来ました。
退院後の生活注意。もう1週間飲酒を控えるのがなかなかの難関ですが、のんあるを片手にがんばります。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クロネコ ポイント

2017年05月07日 09時27分08秒 | Weblog

4月末でポイント失効するお知らせがクロネコメンバーズから届きました。
ミニカー2種は以前にもらったことがあり、10t トラックを交換する400ポイントには足りなかったので
お菓子セットを申込みました。
クロネコ柄でラッピングされてて、思ってたより可愛かったです
(プレーン、チョコ、キャラメル味のドーナツ3つ)




以前交換したミニカー。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブライス 服

2017年05月06日 10時38分19秒 | お針部屋

4/25(火) 勤務時間調整とのことでパートがお休みになりました。
5月に入院、その後の自宅静養でしばらくお休みをいただくので29年度の年間103万円パート枠は超えずにいけると踏んでいたのですが、
社内的にいろいろ縛りがあるようです。
パートの勤務時間を管理してる総務の偉い方が休んでいいと言うのですから喜んでお休みをいただきました
まる1日自由時間をゲットです

ずっと作りたいと思って型紙や布を用意していたブライスのお洋服作りを一気に進めました。

まずは「つまみ細工」。一度やってみたくてフェリシモで “はじめてさん”向けの基本キットを購入しました。
裁断は正方形のみ。2.5cm×2.5cm    3cm×3cm    4cm×4cm   3パターン。方眼定規があれば型紙無しでOKです。
この正方形を三角形に折ってボンドで貼り合わせます。針も糸も使いません。



初めて作った縮緬のお花。それっぽく出来たでしょ?
ここまでは平日の夜に少しずつ進めて仕上がってました。
このお花に合わせてブライスに着物を作りたかったんです。



お着物用にいくつか用意していた生地からグラデーション柄を選んで縫いました。
着物を縫ったのも初めて。袖をもう少し長くすれば良かったかな。型紙を長めに修正して次回に備えます。
和の髪飾りが似合ってる---と自画自賛。



長袖シャツ、シャーリングの吊スカート、茶色の帽子、全部作りました。



もう1つ白いつば広帽子。
使用糸 ダイソー コットンヤーン col.11  カモミール
使用針 ダイソー 4号(2.5mm)



白い帽子には水色ワンピース。ネットで紹介されてた100均のシュシュをバラしてワンピースにするという技で作ってます。
すでにフリルが綺麗に出来上がってるので簡単に作れます。元のシュシュの画像も撮っておけば良かった~



上の服に娘がレースを足してくれました。白い靴も合わせてよりお洒落さんに。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東青梅 bee ジャム会

2017年05月05日 22時24分19秒 | ブルーグラス

4/23(日)
東青梅 レストラン bee のブルーグラスジャム会に初めて参加してきました

立川より先、青梅線に乗るのは初めて。話に聞いていた通り、ボタンを押さないとドアは開きません~
立川のお隣の西立川駅からは昭和記念公園が見えました。ものすごく広そうでした。

bee のジャムはステージ式ではなく円座になって皆で一緒に演奏する参加型ジャム。
なのでずっと楽器を弾いていられます
参加費は1000円でソフトドリンクのドリンクバーかアルコール1杯つき。
軽食はサンドイッチ2種と炒飯があってどちらも1品 300円。
美味しいサンドイッチで腹ごしらえをしてから時間いっぱいまでジャムを楽しみました。

途中、企画タイムがあって参加者を3つのグループに分けて即席バンドを結成、バンド対抗合戦をやりました。
わずか数分の作戦タイムで3曲を用意します。
ちょうど女子だけで1バンド出来そうなメンバーだったのでガールズバンドを組みました。
たまたま集まったとは思えないチームワークで、あっという間に3曲+サドンデス決勝戦用の1曲が仕上がって見事優勝
楽しかった~

Facebook にアップのお写真です。
トリプルフィドルなので Faded Love の演奏中。



ガールズバンドのメンバーです。優勝記念撮影。



川口から東青梅は2時間ほどかかりますが、ジャムの終了は16時と決まっているので夕食前に帰宅可能です。
基本 毎月第4日曜の12時~16時との事なので、また機会を見つけて遠足気分で出かけたいです。

レストラン bee のマスターとママ、進行役の「あるきめですクインテット」の皆さん、御一緒してくださったプレイヤーの皆さん、どうもありがとうございました!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4/21(金)~22(土)

2017年05月02日 01時24分13秒 | Weblog

4/21(金)
パートがお休みの金曜日。久しぶりに時間が出来たので家のまわりの草むしりをしてたら・・・
玄関側と反対の裏地に「つくし」を見つけました。
去年までは生えてなかったはず。。。どこかから来たんでしょうかね~



まる1日空いたのでMovix川口へ映画を観に行きました。観たい作品がいろいろあって迷ったけど
公開初日の「美女と野獣」にしました。良かったです  期待以上。
エマ・ワトソンがとにかく素敵 彼女の歌声が聴きたくて字幕スーパー版にしたの---大正解でした。
ベルの衣装にも目が釘付け・・・ダンスシーンの黄色いドレスはもちろんですが、
野獣とお城の庭をお散歩する時ベルが来ていた赤いフードつきのマントが良かった~
白の縁取りにされてる赤い刺繍がすっごく可愛かったです
そしてティーポットのママとティーカップの息子チップ、燭台にされてしまったルミエール、置時計のコグスワースなどお城の中に登場するキャラクターたちが魅力いっぱい! 
ベルと野獣のロマンスがお話のメインですが、燭台のルミエールと羽ぼうきのプリュメットのラブラブも微笑ましかったです 



帰り道にミエル川口のところで。鯉のぼりがたくさん泳いでいました。



4/22(土)
父の四十九日の法要と納骨をしました。
お墓は南武線の津田山駅と久地駅の間に広がる霊園です。とても広くて一人で行ったら迷子になってしまいそう。






曇天でしたが雨に降られず無事に納骨が終わり、お寺に戻ってお斎をいただきました。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加