Diary

渡辺家のファミリー日記です。

アダルト・勧誘目的のコメント等は御遠慮ください。

2018年 東京国際キルトフェスティバル

2018年02月09日 23時00分33秒 | お針部屋

1/30(火) 今年も母と一緒に東京ドームで開催の国際キルトフェスティバルに行ってきました。

今回もパートナーシップキルトに応募、私の作品は24番キルトで展示していただきました。

テーマは「生命の木」。15cm × 15cm の作品の応募総数は9141枚だったそうです。
こうの早苗先生のレイアウトで60枚の大きなキルトになりました。

私の応募作品はこちら。生命の木に繁る命のエネルギーがあふれる葉を、幸せの青い鳥がみんなに届けてくれたら・・・そんなことを願いながら縫いました。

↓ こんな風に皆さんの作品とつながってました。24番キルトには「鳥」がデザインされたキルトブロックが多数集まってました。



 

15cm四方のブロックが横に11枚、タテに14枚ですから、165cm × 210cm の大きさです。

会場内にはたくさんの素晴らしいキルトが展示されてました。
撮影OKのキルトを90枚ほどアルバムにしました。お時間ありましたらどうぞ~


 


特に印象に残ったキルトを2枚御紹介します。
1つは中山富美子先生のモラで描かれた女性。源氏物語の世界をモラの手法で描いた作品群もあって、それはそれは見事でした。

もう1つはダーラナホース。この色合いはたまりません


2006年~昨年までのパートナーシップキルトは下記にまとめてあります。

http://www.geocities.jp/oharibeya/hawaiian_partnership.html

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一周忌

2018年02月07日 01時31分10秒 | Weblog

1/28(日) 渡辺の母の一周忌でした。
前日の27日(土) 午前5時40分に川口を出発。普通の週末だし、寒いのでスキー目的以外の行楽客は少ないだろうし・・・と渋滞は懸念してなかったのですが、外環から練馬へ向かう辺りで事故のため関越道・渋川伊香保IC~沼田IC が通行止めと知ります。
上里SAで情報を確認すると事故発生はちょうど私たちが家を出た5時40分頃で単独の衝突事故とのこと。その時午前7時、上里でゆっくり朝食をとってから行けば2時間も経てば事故処理も終わるだろう・・・なんて思ってたら渋川伊香保・出口の手前が渋滞で6キロ 80分との表示。結局、通行止めが解除になった9時40分くらいまでほとんど動かず進まずでした。写真は駒寄PA付近。全く動かずブレーキランプも消えてます。

事故処理に4時間もかかるなんて、どんな大事故だったんでしょうかね~
通行止めが解除になったとたんスムーズに車が流れましたが、関越トンネルを越えたら今度は吹雪。湯沢~六日町~小出~小千谷、かなりの区間でセンターラインが見えず、路肩がどこか判断できないほど外が真っ白。前を走る大型トラックのシルエットがかすかに見える程度なので、そのシルエットを追うように速度を落として走りました。
なんだかんだで実家までかかったのが9時間。今までの最長でした。。。

予定より大幅に遅れて実家へ到着したら、すでに壇が出来ていました。
水道が凍結していて水が出なかったのですが、近くに住む主人の姉夫婦が自宅から水を運んでお湯をわかし、いろいろ対処してくれてて夕方には水が出てお風呂に入ることも出来ました。姉夫婦には心から感謝です。

1/28(日) 当日は10時半に東龍寺の住職さまに来ていただいて自宅にて法要、その後お寺へ参ってから末廣館でお斎をいただき滞りなく終了しました。

翌1/29(月)もすっぽり雪の中。 

帰路は除雪されて路面が見えていたので安心してCD聴きながら走れました。
写真のCDは「Rising Fawn Gathering」、Norman & Nancy Blake と Boys of the Lough です。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

積もってます。

2018年01月22日 22時36分50秒 | Weblog
1/22(月) 22時半を過ぎたところ。
雪はほぼ止みましたが、家の前がこんなことになってます。長男はこれから帰宅。バスは動いてるかしら…
明日の出勤は徒歩になりそう。近くて良かったー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

正月吉例 冬フェス2018

2018年01月11日 01時03分15秒 | ブルーグラス

2018年の音楽活動は大阪でスタートです。

1/7(日) アナザードリーム で開催の 大阪ブルーグラスナイト・プレゼンツ『正月吉例 冬フェス2018』に初参加してきました

1/4(木)が仕事始めで1/6(土)まで3日間出勤したんですが、職場で風邪が流行っていて皆さん咳がゴホゴホ
この風邪をいただいたらとてもじゃないけど唄えないだろうなぁ・・・と心配でドキドキしてましたが、無事に出かけることが出来ました。
1/7当日はとってもいい天気
8時13分 東京発→10時46分 新大阪着の「のぞみ」に乗りました。新幹線の車窓から見えた富士山はクリアでとても綺麗でした。

新大阪で地下鉄御堂筋線に乗り換えてなんば駅下車、 ダンナは一昨年OB会で来てますが、私にとっては初めての「アナザードリーム」に到着です。 

到着早々懐かしい方たちと再会
学生時代、ユニグラスの同期、日大農獣医バージニア・バーンズでベースを弾いていた上原くんとマンドリン弾きの浅田くん。
大学3年生の秋にレギュラーバンドを引退してから、各大学の女子が集まってメリー・ルーというバンドを結成。1982年3月に西宮で開催の「ひなまつりコンサート」に出た時のベースが上原くん。もしかしたらその時以来かもしれません。

こちらもユニグラス同期、東京農大 チェリーヒルのギター弾き・キンタくん。

ダンナはダンナで京都産業大時代の同期・吉村さんと乾杯です。

少しして同じくダンナと京都産業大同期の木内さんも到着。一昨年の箱根フェス以来久しぶりの再会を祝して乾杯
でも私はこの時点ではオレンジジュース。出番が16時過ぎにあるのでそれまでアルコールは我慢しました。ダンナは関係なく飲んでたけどね~

冬フェスのスタートは午前10時なので、再会で盛り上がっている間もステージでは演奏が続いてます。
主催&司会進行の慎さんによると午前10時から22時までの12時間で全55バンドが演奏とのことでした。

ほぼ正午、「慎バンド」が登場したので写真を撮りに前へ行きました。Mのりさん、御病気から完全復活されて本当に良かったです。 

続いて「ぽっとでいじー」。洋子さんの投稿で活動の様子はうかがってましたが、ようやく目の前で聴くことが出来ました。
フィドルの方の声が低めなので洋子さんのコーラスが無理なく綺麗に重なっていい感じ
スマホでお写真も撮ってみたのですが・・・どこから撮ってもお顔がピカピカして真っ白くなってしまいます・・・
写真は皆さん撮ってらっしゃるので、後でFacebook に素敵なショットがたくさんアップされるだろうな、と思い演奏を楽しむことを優先しました♪

会場はチケットを提示すると何度でも出たり入ったりできるので、一度外へ出て「千日前まぐろセンター」で昼食。アナザードリームを出てすぐの角にあるこのお店、中へ入ったら冬フェス関係者ばかりでまるで貸し切りのようでした。
お刺身のパフェ盛りをオーダー、トロトロのエビのお刺身を喜ぶ私。でもこの時点でもまだアルコールを我慢。頑張りました。(何を?)

14時過ぎ、テイター安田  & His Holidaygrass、NISE EAST と続くので再び会場へ戻ります。
NISE EAST は藤田さんからカメラを預かってお写真撮りました。
藤田さんがアップした NISE EAST の写真を撮ったのは私ですよ~

16時にはお目当てバンドの1つ「デイジーヒル」。
年末のNHK紅白で島津亜矢が歌った「The Rose」、今回は久永さんもギターで「デイジーヒル・ギター部」でのパフォーマンスだったそう。しっとりととても素敵に聴かせてくれました

そして16時半過ぎくらい、私とダンナも演奏させていただきました。
Gathering Flowers For The Master's Bouquet
Lover's Farewell
The Orphan's Lament
While The Band is Playing Dixie
持ち時間12分なので、3番まである曲を2番までにしたり、間奏を1/4にしたりして4曲やりました。
憧れの場所で好きな曲を演奏出来て嬉しかったです。
お写真いただきました。Another Dream が入っていて記念の1枚です~


Lover's Farewell 、木内さんが動画を撮ってくれました


自分の出番が終わったのでこれ以降はアルコール解禁です♪ まずはビールをいただきながら、朝倉ブルーグラスクラブの皆さんと同じテーブルを囲んで演奏もおしゃべりも楽しみます。
後半はどれも見逃せない素晴らしい演奏ばかり 

「ラッシー」、是非見てみたかったお二人です。奥様の唄もオートハープを弾く姿もとても『品』があって素敵でした。ブルーグラスやその周辺のマウンテンミュージック、オールドタイム等々、なかなか『品』を感じさせてくれるプレイヤーさんって少ないですよね。

↓ 「ラグパパス・ジャグバンド」ラグパパも初めてです。ようやく聴くことが出来ました。
ブルーグラスではないけれど、これだけ上質で楽しいパフォーマンスを観せてくれたらジャンルは関係ないって感じ。
ジョッシュさんのフィドルの音が美しかったです。



↓ は「Grass Abouts」。好美さんとはいつかお会い出来たら・・・と願っていたのが実現しました。耳に心地よい素敵な声でした。演奏聴けて嬉しかったです。これを機会にどうぞよろしくお願い致します!

↓ おなじみ「千日前ブルーグラスアルバムバンド」

この後 「 きたむらいづみ&フレンズ」 。きたむらいずみさんも今回初めて聴けました。
一度は目の前で自分の目と耳で・・・と思っていたバンドを次から次へと聴くことが出来て、いろんな夢がいっぺんに全部叶ってしまったよう 至福の時間でした。

稲葉和裕ウイズ・フレンズ」Dog House Blues 、良かったです。
エンディングは犬年にちなんで「Salty Dog Blues」の“ワン ワン” でした。

素晴らしい演奏をたっぷり楽しんで気分は満腹状態でしたが、まだ22時という時間だったので近くの博多もつ鍋のお店で打上げをしました。
チャンポン麺で締めたもつ鍋も、サクサクの串カツも美味しかったです 

会場近くのビジネスホテルに宿泊して、翌日戻りました。
新大阪駅でモフモフのミニオン(ケビン)を見つけて大阪記念に購入。(ユニバーサルに行った気分?) 

当日演奏があるので行きの新幹線では我慢したアルコール、帰りの新幹線では遠慮なくいだきました。

長時間にわたる冬フェスを司会・進行した慎さん、大変お疲れ様でした。
30数年ぶりの再会に新しい出会い---いろんな方たちと繋がれて、是非一度は実際に聴いてみたいと思っていたバンドに、大好きなのに普段は遠くてなかなか聴けないバンドなど、たくさんのバンドの素晴らしい演奏を楽しむことが出来てとってもとっても楽しかったです。
参加させてくださってありがとうございました。今年もまたこの音楽を楽しみながらいろいろ過ごしていきたいと思ってます。
皆さんにとっても素敵な1年になりますように

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2018年 年の初め

2018年01月10日 19時31分31秒 | Weblog

2018年が始まりました。
喪中のため年賀欠礼しましたが、今年もどうぞよろしくお願い致します。

新しい年の音楽始めで出かけてきた大阪冬フェスの報告をこちらでしようと思うのですが、まだ1/3くらいしか書けていません。。。
もう少しお待ちください。

羊毛フェルトで干支のワンコを作ったので先に御紹介します。


今年は久しぶりに元日に福袋を買いに行きました。喪中だと控えるべきなのかもしれませんが、目的は布巾なので義母も父も大目に見てくれるでしょう。

欲しかったのは文明堂の新春開運箱---の中に入っている干支布巾です。


中身はこれ。

カンカンベアと干支ワンコの布巾、かわいいでしょ!



ちなみに昨年の酉年はこれでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おーるどタイム 開店7周年お祝いパーティー

2017年12月26日 22時30分19秒 | ブルーグラス

12/23(土) おーるどタイム  開店7周年お祝いパーティーでした♪

2010年12月。ハーツ&フラワーに参加して、そろそろまた音楽を楽しめそうかな・・・など思い始めたタイミングでの開店。
「おーるどタイム」のおかげでまたブルーグラスを楽しめるようになったし、新しい方や音楽との出会いがあったり、懐かしい方と再会出来たりしました。「おーるどタイム」が開店して無かったら間違いなくアイリッシュを聴くことは無かっただろうし、自分でティン・ホイッスルを吹くことも無かっただろうな。
私だけでなく、他の皆さんも同じくお店に集うことでそれぞれの音楽やお友達との繋がりが拡がって深まって、毎日が豊かに楽しくなってるんだと思います。だって7年目を迎えた今回が今までで一番盛況だったのでは・・・と思うくらいの盛り上がりでしたから。
マスターに玲子ママ、いつもの皆様、楽しかったですどうもありがとう~
8年目もどうぞよろしくお願い致します。

ブルーグラスのお友達を中心に撮った、手元にある写真をアップします。かなり偏ってる上、酔いが回ってきた後半の写真は無しですが御勘弁ください。

お店に到着したらすでに演奏が始まってました。いきなりツィン・フィドルとツィン・バンジョーでDown Yonder



もみじバンジョーを弾くK俣くん。栃木県栃木市からのお越し。群馬県からのM尾くんとどちらが遠方かしら。



次の演奏バンドの準備が整うまで間をつないでくれるのはチャーリーさんとI井さん。



これがステージ・デビューだったのかしら・・・K桐夫妻。こちらの御夫婦も1年前の今頃は人前で御夫婦で演奏---なんて夢にも思ってなかったと思います。「おーるどタイム」マジックです。

カーターファミリーソングが素敵なハーモニーで響いてました。
NTセレンディピティのお二人。
初めてハーツでライブをしたのが2011年の1月8日、開店間もない「おーるどタイム」で対バン NTセレンディピティ でした。 

この頃までは元気に半袖で演奏されてたK杉さん、この後気持ち良く夢の中 

Boil Them Cabbage Down、マスターから楽器を奪ってフィドルで演奏しはじめるバンジョー弾き。

新しい風の一人、O竹さん。きっと2018年は彼女のフィドルがお店でいっぱい響くことでしょう。 

私が写っている写真はチャーリーさんとO竹さんからいただきました。

「おーるどタイマーズ」 今年最後の演奏もM田さんが参加できなかったので代役させていただきました。
M田さんは素晴らしいオートハープ弾きでギター弾きでボーカリスト。少しずつ戻ってこれるといいですね。 

「ハーツ& フラワー」4人でのステージでした。
眞一くん、待ってるよ! 

「だるしまだむ」 タイムリーにクリスマス曲を演奏出来て良かったです。 

お料理、おつまみ、差し入れお寿司、どれも大変美味しくいただきました。ごちそうさまでした

皆さん、どうぞ良いお年をお迎えください

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ムーミン パペット・アニメーション展

2017年12月25日 23時21分23秒 | キャラクター

12/23(土) おーるどタイムの開店7周年お祝いパーティーに参加。
楽しい音がまだいろいろ残っている感がありますが、先にこちらをアップします。

12/4(月) 銀座松屋で開催の『ムーミン パペットアニメーション展』に行ってきました。
12/2から映画「ムーミン谷とウィンターワンダーランド」が公開されていて、それに合わせての展示企画です。
映画も行ければ嬉しいんだけれど、川口・浦和では上映館がなくて・・・パペットの展示とかわいいグッズをたっぷり見て目の保養をしてきました 



会場内は撮影禁止でしたが、入ってすぐのポスターコーナーと記念撮影コーナーはOKだったのでパチリです。




 

 

 

グッズは見るだけ~と決めていたのですが、ミーのジャムとアートタイル、あまりの可愛らしさに負けて買ってしまいました。
後ろにあるのはクリスマスカラーのショップバッグです。 

こちらは後日いただいたもの。グッズをたくさん購入するとこちらの大きいショップバッグに入れてもらえたんです。
CHRISTMAS 2017 の記念ロゴが嬉しいですね。K辺さん、ありがとうございました♪

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2017年度秋期 明治大学リバティアカデミー 

2017年12月17日 00時06分26秒 | ブルーグラス

12/16(土) 明治大学リバティアカデミー オープン講座 レクチャー&コンサート
『開拓から発展への歌のアメリカ史』を受講してきました。
(受講中の撮影・録音等は認められていませんが、音楽仲間の取材ということで撮影許可をいただきました。)

バンジョーを弾き、歌を歌いながら石川修次先生が登場です。

石川先生のお話は、先生が1972年にフランスを旅していた時に出会った曲『Amazing Grace』がテーマでした。
その時聴いたのはバグパイプによる演奏だったそうです。
バグパイプで『Amazing Grace』を世界的に広めた Royal Scots Dragoon Guards の音源、アカペラで唄っている Judy Collins の音源、
さらに教会の聖堂で牧師さまの語りに続く『Amazing Grace』の合唱など、いろいろ聴かせてくださいましたが 石川先生が特にお気に入りという Clarence Ashley の音が流れたら、身体がすぐに反応しました。気持ちが震えて高まるような感じ・・・無伴奏のコーラスで、一緒に歌っているのは Doc Watson と Jean Richie ですからたまりません。私はやっぱりこの路線が大好物です。
帰宅してから You Tube を検索しました。たぶんこの辺りの音でしょうか。

Amazing Grace

そして話題は 『Amazing Grace』の作詞者 イギリス人 ジョン・ニュートン(1725-1807) へ。
彼は奴隷貿易に関わった船に乗り、船長も務めていたそうです。その彼が船の難破をきっかけに救いを受けて神に仕える身になったとか。
『Amazing Grace』は神の救いと導きのおかげで生きることに光と輝きを見出したという讃美歌ですから、キリスト教圏の社会で生きている人々に広く受け入れられて歌い継がれたんでしょうね。

さらに、日本の文化はキリスト教圏とは違いますが人々の生活から滲み出るように生まれた歌は、同じように歌い継がれていくと津軽三味線の高橋竹山の言葉を紹介したり、サプライズで柿本人麻呂の長歌・反歌の朗詠をプレゼントしてくださいました。

休憩をはさんで後半は「やぎたこ」の登場です。

いつもの「やぎたこ」ライブでは時系列の流れに沿って曲を紹介・演奏してくれますが、今日の柳澤先生・辻井先生は『研究者』をテーマにしてのステージ進行でした。

◇研究者① ジェームズ。フランシス・チャイルド(1825-1896)
『チャイルド・バラッド』と呼ばれているイングランドとスコットランドの民謡 305曲をまとめた人。彼を紹介して 『チャイルド・バラッド #84』の『バーバラ・アレン』を貴子さんが歌い始めます。 

バラッドとしてもう1曲、『The Devil's Nine Questions』を紹介して演奏してくれました。
これは なぞかけ唄(riddles) で、答えられないと悪魔に魂をとられてしまうとか・・・貴子さんのお話はわかりやすくて楽しかったです♪

フォスターの曲も紹介。1877年にエジソンが蓄音機を発明するまでは、譜面の売上だけが作曲者の収入だったようです。 

オートハープで講座前半のテーマになった『Amazing Grace』を奏でる貴子さん。

◇研究者⓶ ジョン・ローマックス、アラン・ローマックス(1915-2002)親子
音の録音・記録・保存が出来るようになったので研究者の活躍も広がります。
黒人歌手のレッド・ベリー、事件を度々起こして刑務所暮らしだったそうですが歌が抜群に上手く、ローマックス親子の尽力で恩赦されて多くの歌を録音で残したそうです。
レッド・ベリーの曲から『Cotton Fields』を演奏するお二人。

とても興味深いテーマを講演としてお話するだけでなく、いろいろな音源を流してくれたり実際に演奏で聴かせてくれるのでコンサートとしても楽しめて、終わってみたらいろいろ勉強になった---という有意義な講座でした。

石川先生、やぎたこのお二人、どうもありがとうございました 

 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

北村謙さんライブ

2017年12月15日 23時49分00秒 | Weblog

12/2(土) 「おーるどタイム」にて
午前10時半から今年最後の笛の会。1年で覚えた曲、楽しく吹けるようになった曲、けっこういろいろ増えました
次は簡単な曲ならフルートで参加出来るようになれたらいいな。これは2018年の目標。
当日の会の様子はタッキーさんがブログにアップしてくださってます。

http://tacky5.exblog.jp/28445515/

同日19時半からは北村謙さんのライブ。「だるしまだむ」がオープニングアクト担当のため、そのままお店に残りました。
午後、思っていたより早くお店に到着の謙さんから聞いたのは・・・前日、大森の「風に吹かれて」でライブだったそうですが、ライブの後、はしだのりひこさんの訃報が届いたそうです。
はしださんと謙さんは若い頃からの音楽仲間。ちょうど先週入院先の病院にお見舞いに行ったばかりだったそうで、帰り際「また来るから」と言ったら、はしださんが「これが最期だろう」って。「またすぐ来る」ってもう一度言ったら「今までありがとう」と返してくれたそうです。昨夜大森でさんざん泣いて、寝つけなくて、早めに出てきたとのことでした。。。

それでもステージに立ったら普段通りの歌とおしゃべり。アンコールでは客席も一緒になって、はしださんの『風』を歌いました。
"何かを求めて ふり返っても そこにはただ風が吹いているだけ
ふり返らず ただ一人 一歩ずつ ふり返らず 泣かないで歩くんだ"

ラストの曲、日本語での『ダニーボーイ』も沁みました。
" 夜明けに星がひとつ消えた・・・"  親しい音楽仲間を失う悲しみ、命が消える悲しみは言葉では言い表せません。
ご冥福をお祈り致します。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フィドル完成披露の会

2017年12月10日 23時26分21秒 | ブルーグラス

11/23(木) 地元川口にある先輩の工房で、お友達が作ったフィドルの完成をお祝いする会を開きました。

それぞれが持ち寄った「祝い酒」。ビールもあるから7人で4本は多かったかな・・・なんて思いましたが、全てきれいに空きました。(≧▽≦)
私が持参したのは静岡の「花の舞・純米しぼりたて」(冬季限定) 。アルコール度数18.5度というのが選んだ理由です。



主役のK子さんお手製のお赤飯やサラダ、いろいろ美味しくいただきながら弾いて歌って呑んでお祝いです
多い時には月に4度という頻度で工房へ通い、半年ほどかけて完成したというフィドルは明るい色合いでとてもフィドルらしい音が出てました。
K子さん、おめでとう~ かわいがってたくさんたくさん弾きまくってください

フィドルチューンの他にクリスマスソングも歌ったりして、ひと足早いクリスマス気分にひたりました♪ 

楽しい様子をカメラに収めてくれてる藤田さん。 

こんな記念写真をいただきました。 

この日歌った曲の中から1曲、ルーヴィン・ブラザーズの「Neare My God To Thee 」を御紹介します。
大好きな曲です。うん、楽しかった~

The Louvin Brothers Neare My God To Thee

コメント
この記事をはてなブックマークに追加