四季を詩織る

雲と風と花を追いかけて

鈍色背負う

2017-07-31 04:59:22 | 日記

ひたひたと満ちる真夏の花便り鈍色背負う槿の花に


待ち遠しい蒼い空・・・・


花の素顔の輝きを観たい・・・


夜明けのカーテン越しに広がるのは


鈍色の空・・


8月の声を聴けども・・・


どっかりと動かぬ・・・梅雨空












ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  ときめくしらべに  | トップ | くちびるさむし »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL